犬の暑さ対策3つ!夏はエアコン・水と氷・散歩の時間に気を付けて!

1.暑さ対策のためにできること

わんちゃんというのは、人間のように汗をかくことが出来ません。ですので、暑い場所に長時間とどまっていることが苦手です。熱が体内にこもってしまい、すぐに体調を崩してしまうのです。では、暑い夏にはいったいどのようなアイテムによって、わんちゃんの生活を快適なものにすることが出来るのでしょうか。

2.エアコンと扇風機


まずは、エアコンと扇風機は必須アイテムと言って良いでしょう。人間と同じだと思ってください。エアコンは少し涼しすぎるかなと思えるくらいの設定温度にして、昼も夜もその温度を保っておいた方が良いでしょう。また、扇風機は単独で使うというよりも、部屋の中に溜まっている熱気を拡散させ、冷気を行き渡らせる役目を果たすために稼働すると、よりわんちゃんに適した環境にすることが出来ます。電気代はかかってしまいますが、30度以上の温度というのはわんちゃんにとっては非常につらいものですので、常に涼しい状態を保ってあげることが重要です。

 

3.新鮮な水と氷

次に、水と氷の存在も欠かせません。体内の熱を発散させるための器官として「舌」があるのですが、そこを冷やしてあげるためにも水と氷が必要なのです。


また、人間と同じで暑い日には水分補給をしなくてはいけません。ぬるい水をそのまま放置しておくと雑菌が湧いたりしてしまいますので、水はこまめに取り替えて新鮮な状態にしておいてあげることが大切です。氷については、慣れているわんちゃんだけに与えるようにしましょう。また、氷のあげすぎには注意することが重要です。氷を与え過ぎると、お腹をこわしてしまいます。

 

4.散歩の時間

最後に、暑い季節には散歩の時間に配慮してあげることが必要です。昼間は地面の温度が上昇していますので、裸足で人間より低い位置にいるわんちゃんにとっては、地獄のような暑さに感じられることでしょう。人間よりも体感温度が高いということを覚えておいてください。ですので、地面の温度が比較的低い早朝や夕方以降に散歩をするのがおすすめです。特に真夏は、太陽が昇っている間は散歩はNGと思っておいた方が無難です。


芝生や土であればまだ良いのですが、アスファルトの上を散歩するとなると、想像以上の熱波がわんちゃんを襲っていることになります。少し散歩をしただけで熱中症になってしまうこともありますので、太陽や外気の様子には充分に気をつけるようにしましょう。