犬にサプリメントを与える簡単な方法3つ!

1.ドライフードで食べない場合は?


愛犬家の皆さん、わんちゃんがご飯を食べなくなってしまい、とても心配になり、困ってしまった経験はないでしょうか?ですが実は意外な理由で食べない時もあるんです。まずは、犬は学習する利口な生き物だということを念頭に置いておきましょう。

犬がご飯を食べなくなってしまう理由は様々にあるのです。特に多く見られる例として、ストレスが挙げられます。それと、ただドライフードに飽きてしまっただけという場合もあります。そのため、飼い主さんも含めた生活習慣の見直しやちょっとした工夫で大きく改善することができます。

ストレスでご飯を食べなくなってしまった時は、愛犬と沢山遊び、一緒にコミュニケーションができる時間をつくってあげてください。犬は非常にナイーブな心を持っているため、飼い主さんの一挙手一投足を敏感に感じとり、忙しくて構ってもらえない時が増えると、寂しくストレスに感じてしまうのです。散歩でストレスを発散させながら、散歩の合間にトレーニングをしながら、ドライフードをあげて様子を見てみましょう。

また、普段からおやつをあげている場合は、美味しいおやつが習慣になってしまい、「今食べなくても、あとでもっと美味しいものをもらえる」と学習してしまい、肝心のドライフードを食べなくなってしまう場合もあります。ドライフードを食べないからといって、おやつを増やしたり、人間が食べているものあげたりするのは、逆効果になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

2.我が家のサプリメントの与え方

我が家では、犬がドライフードを食べなくなってしまって困り果てた時は、まずは、ドライフードをお湯でふやかして、食べやすく消化の良い状態にしてあげます。特に高齢犬になればなるほど消化能力が低下してしまうので、この方法は効果的になります。


お湯でふやかせば香りが高まり、食欲もわきやすいようです。またトッピングをあげる場合は、市販でも売られているふりかけタイプがお薦めです。トッピングを加えることで、犬がドライフードに興味を持ち、ものすごい勢いで食べはじめてくれた時は、とても感動的です。

3.どうしても食べてくれない場合は?

生活習慣の改善や、フードの工夫をしても、愛犬がどうしてもドライフードを食べてくれない場合は、病気の恐れもあります。フードが原因ではなく、犬自身が胃腸炎などを起こしていて処方箋が必要なこともあります。

ご飯を食べないことが続くようでしたら、迅速に獣医師さんに診てもらうことが大切でしょう。