夏の暑さ対策ケース別4つ!熱中症を防ぐために飼い主が気を付けること

 1.室内での暑さ対策


犬は汗腺が肉球にしかなく、被毛があり、体温調節はほとんど呼吸で行っています。ですから、人間よりも熱中症になる危険性が高いのです。熱中症対策のポイントは気温と湿度。気温が高いと熱中症の危険が高まることは言わずもがなですが、呼吸による体温調節は唾液を蒸発させることで熱を逃がすため、湿度が高いことでも熱中症の危険性は高まります。室内ではカーテンを閉めたり、エアコンをつけたりして室温を下げたり、窓を開けて湿気を逃がしましょう。

ただし、外も湿度が高い場合は、エアコンのドライ運転や除湿機を使った方が良いです。また、ケージに入れるなら日に当たらないところに設置しましょう。

 

2.室外での暑さ対策

室外では気温や湿度のコントロールが難しくなるので、直接体温を調節してあげることが重要です。タオルや水を必ず持ち歩き、濡らしたタオルを体にあててあげたり、こまめに水を飲ませてあげたりしましょう。特に暑い日は水ではなく2倍くらいに薄めたスポーツドリンクがおすすめです。

また、濡らしたタオルは、頭やわきの下、内またのつけねなど熱を放出しやすい箇所にあてます。


車に乗せるなら室内の対策と同様に、室温や湿度を下げたり、日に当たらないようにしてください。人間でも熱中症を多発するようなむしむしして暑い日は外に連れて行かないのが無難です。

 

3.散歩時の暑さ対策



室外での暑さ対策に加え、散歩のときはさらに注意するべき点があります。まずは散歩をする場所です。コンクリートは温度が上がりやすいので、草や土の上を散歩しましょう。日陰の多い道を選ぶことも大切です。そしてもう一つ、あまり運動させないようにしてください。運動することで体温が上がると熱中症の危険性が高まります。特に、長かったり黒っぽかったりする被毛を持つ犬や肥満気味の犬は、熱をこもらせやすいので注意しましょう。濡らしたTシャツを着させるのも効果的です。

4.暑さによってわんちゃんが食事をしない?


熱中症の症状にはふらつきや下痢、嘔吐などがあり、食欲不振もその一つです。熱中症ではなくとも暑さによって犬の食事量は変化するのですが、ほとんど口をつけないような状態だと熱中症の疑いがあります。その場合は病院に連れて行きましょう。しかし、熱中症にならないために栄養を取ることも大切ですから、暑さで食事量が減少したときは、ドライフードに水分も一緒に取れるウェットフードをトッピングするのがおすすめです。