愛犬の健康・長生きのために私が気をつけている5つのこと

1.愛犬の健康のために気を付けていること


室内犬が増えた昨今、わんちゃんたちの寿命は長くなっている傾向があります。それとともに気になるのは健康問題。わんちゃんにはいつまでも元気で、長生きしてほしいですよね。健康を維持するのは日々の積み重ねです。出来ることから始めていきましょう。

2.メリハリある生活


犬だって人間同様に生活サイクルが乱れると体調に影響が出てきてしまいます。決まった時間に起きて、決まった時間に寝る。こういったことから習慣化させて、メリハリのある生活を目指していきましょう。お昼過ぎまで寝ていたい休みの日も、愛犬の健康のためには、出来るだけいつも通りの生活を心がけでみてください。

3.ワクチン接種の気配り


愛犬や、家族の健康を守るためにワクチン接種は欠かせません。法律で義務付けられているワクチンは、飼い主さんの義務です。心おきなく外で遊ばせてあげるためにも、しっかりとワクチン接種に連れて行きましょう。

4.免疫力アップ

わんちゃんが高齢になって体力が落ちてしまうと、同時に免疫力も下がってしまいます。人間も免疫力が下がると風邪にかかりやすくなってしまいますよね。免疫力を高めるためには、腸内環境を整えてあげることが第一です。青魚や鶏肉などの動物性たんぱく質や野菜、納豆を適量食べさせてあげると効果的。



今までドックフードしか与えていなかった場合には、お腹がびっくりしてしまう心配があるので、与えるときは少量から、様子を見ながらにしましょう。

5.マッサージ


わんちゃんの健康を保つためには、飼い主さんとのスキンシップが一番。おなかを見せてゴロンと転がるのは信頼と愛情のしるしです。特に、わんちゃんが自分でかけない場所をマッサージしてあげると喜びますよ。普段からマッサージしていると、愛犬の異変にも気づきやすくなるため、どこをなでられても嫌がらないように普段からスキンシップを図っておきましょう。

6.愛情をたっぷり


わんちゃんは人間の感情を読み取ることができる生き物です。愛情をもって接すれば、その気持ちはわんちゃんに伝わることでしょう。その証拠に、信頼関係にあるわんちゃんと飼い主さんが目を合わせると、オキシトシンが増加することが分かっています。オキシトシンとは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、心身の健康を保つための重要な脳内物質です。

まとめ

わんちゃんの健康のために、今日から早速始められそうなことばかりだったのではないでしょうか。わんちゃんの健康を守るため、ぜひ意識することからはじめてみてください。