マルチーズの耳の病気やケアの仕方について

1.犬の耳とは


犬の聴覚は、人間と比べると約3倍も鋭いとされています。そのため、人間では聞き取ることが出来ないくらいの小さな音でも、犬は聞き取ることが出来るのです。

しかも、人間の場合は16方向からの音の聞き分けが可能なのですが、犬はなんとその倍の32方向からの音を聞き分けられるのです。

さらに、超音波も聞き取ることが出来ます。超音波とは、2万ヘルツ以上の周波数のことで、人間は2万ヘルツまで聞き取れます。しかし犬は約5万ヘルツ前後まで聞き取ることが出来るのです。なぜここまで優れているのかというと、祖先であるオオカミの時代に、獲物の小動物の高い声を聴きとり狩りをするため、進化をしていったといわれています。

 

犬の耳の構造


犬の耳は、外耳道については人間と違う構造になっています。人間の外耳道は、水平にまっすぐに鼓膜に向かっています。そのために、光を当てると鼓膜まで見える構造となっています。光る耳かきがあるのも、そのためです。

では、犬はどう違うのかというと、外耳道はまっすぐではなくL字型となっています。L字型になっているため、人間と違って鼓膜までは見えず、垂直耳道までしか見ることが出来ないのです。 

2.マルチーズが、かかりやすいといされる耳の病気について

外耳炎

外耳炎を発症した場合は、炎症がおきます。炎症が起きると、ベトベトとした臭いがある耳垢がたまってしまいます。

それだけでなく、痛みやかゆみまで出るため、マルチーズが気になって後ろ足で掻いてしまったりします。

原因は色々とあり、細菌などが耳垢に繁殖して炎症が起きたり、ミミヒゼンダニというダニが寄生することにより起こることもあります。

外耳炎は慢性化したり、再発もしやすい病気です。普段から耳をチェックして耳垢が溜まっていないかなど、きちっと確認が大事になります。

かゆそうにしていたり、耳垢が溜まっていたりしたら病院でしっかり治療を行うことが必要になります。

耳ダニによる感染症

耳ダニ感染症とは、ミミヒゼンダニという小さなダニが耳に寄生することにより発症をする病気で、耳の中に黒いべたっとした耳垢がたまります。また、耳がかゆくなるため、耳をかいたり頭を振ったりなど、マルチーズはなんとかかゆみを軽減しようと動くようになります。

耳ダニ感染症の治療方法は、耳垢をとるため耳道の中を掃除します。それだけでなく、ダニを殺す作用がある薬剤を投与して、耳にダニがいない環境に戻します。

予防のためにも、この感染症に感染した動物と接触をしないように心がけましょう。また、たくさん動物を飼っていて、そのうちの1匹が発症した場合にも注意をしてください。

3.マルチーズの耳のケアについて

イヤークリーナーを使用する

イヤークリーナーの使い方はまず、マルチーズの耳の中に数滴垂らします。次に、液をなじませるため耳の付け根を指で挟み、マッサージをするように動かします。液をなじませて、2から3分が経ったら、手を離します。そうすると、犬が自ら体を震わせて液を耳から出します。もし自ら液を出さなかった場合でも、飼い主が耳に息を吹きかけると、耳の中から汚れが液と出てくるのです。この時、出てきた液はコットンなど、柔らかいものでふき取ってあげてください。液に汚れがついて出てくるため、これをふき取れば耳掃除はこれで終了となります。

どれくらいの頻度で掃除をするのか

マルチーズの耳の掃除は、健康な場合には1週間に1回、または2回程度で大丈夫です。頻繁にやってしまうと、かえって外耳炎にかかりやすくなってしまうためです。そして、汚れは自然にはがれていくので、マルチーズが頭を振ったときに外に出ていくのです。