愛犬に与えている水分、ほんとに足りてる?必要な水分量を表でチェックしよう

1.愛犬にどれくらいお水を飲ませていますか?

人間と同じく、犬にとっても水分摂取はとても大事です。体の約60パーセントは水分で構成されていますから、十分に水分を取らないと、脱水症状を引き起こし、食欲がなくなったり、運動できなくなったりして、体調を崩してしまいます。体の水分は、排せつのほか、発汗、蒸発によって常に失われていきます。


犬は汗腺が少なく、体温調整のためタンピングを行い、呼気とともに水分を蒸発させることで体温を下げます。運動量の多い犬の場合は、特に水分補給は重要となってきます。十分な水分を摂取して健康を維持するためには、飼い主は愛犬が新鮮な水が飲めるように、運動後は特に配慮しなければいけません。

一日の水分摂取量の目安とは

一日に必要な水分量の目安を知るための、計算式があります。(日本ペットフード株式会社ホームページより)

<必要水分量の計算式>

必要水分量(ml)=(体重g×005から007

例えば、体重10kgの犬の必要水分量をこの計算式に当てはめて考えてみましょう。10000×005007となりますから、1日におよそ500mlから700mlが必要水分量の目安となります。8kgならば、400mlから560mlですし、15kgならば750mlから1050mlということになります。

この水分量は、水として飲む分だけでなくてフードに含まれている水分も合わせた総量となります。体重が重い犬ほど、水分量が必要になってくるといえます。

ボウルでお水をあげている場合には、どのくらい飲んでいるかということを把握しにくいかもしれません。ペットボトル1本が500mlですから、いったんペットボトルに移してからボウルに水を入れてあげると、おおよその摂取量が確認できるでしょう。急に水をたくさん飲むようになったり、逆に摂取量が急激に減るような場合には、何か病気が原因となっていることがあります。普段から、どのくらいの水分量を摂取しているか把握することは、ものをいわない犬の健康を守るためにも、飼い主の義務ともいえます。

なお、手作りの食やウェットフードを与えている場合には、水分量の把握が難しいかもしれません。ウェットフードであればパッケージ等に記載がありますので、参考にするとよいでしょう。手作り食の場合にもウェットフードに準じて考えると簡単です。

2.どうしても水を飲まないときはどうすれば良いの?


さて、実際に計ってみると、「目安量って意外と多い!」と思われる方も多いかもしれません。愛犬が水をあまり喜んで飲まないようなタイプであれば、食事の際の水分量を工夫することで、摂取しやすくなります。例えば、ドライフードにウェットフードを混ぜて与えると水分補給しやすくなります。普段、ウェットフードを食べている場合には、スープごはんにするのもよいでしょう。また、お水に少しだけ犬用のミルクを混ぜてあげると、喜んで飲むことが多いので、試してみてもよいでしょう。

まとめ

犬の飲水量は、人間と同じく、気候や運動量、あるいは食べているフードなどによって、量が変わってくるのが当然です。そのため、実際に飲む水量を把握するだけでなく、天気や運動の様子、そして排尿の回数や量を注意することが重要です。天候が悪くてほとんど運動をしなかった日は、ドックランなどでたっぷり遊んだ日よりも摂取する水分量が少なくなるのが当然だからです。

なお、犬用の水は常に新鮮なものをたっぷりと用意しておき、愛犬が好きな時にいつでも飲めるようにしてあげましょう。日の当たるところは、菌が繁殖しやすいので避け、また水の容器は常に清潔に保ちましょう。