愛犬も一緒に!アロマテラピーでリラックス

1. 鼻・肌から楽しむアロマテラピーって?


アロマテラピーには大きく分けてマッサージなどを行い直接肌で感じるタイプと、純粋に香りを楽しむものの2種類があります。

アロママッサージ

直接肌にエッセンシャルオイルを垂らしてマッサージを行います。血液の循環やリンパの流れをよくして、新陳代謝や基礎代謝力の向上をはかります。リラックスできるので高い癒し効果も期待できます。

アロマの香り

アロマテラピーに使用するオイルはすべて植物由来のエッセンシャルオイルを使います。極上の香りが楽しめるアロマは、脳をリラックスさせる効果や自己免疫機能を高めてくれる成分を多く含んでいます。アロマの香りを嗅ぐだけで体の緊張をほぐすことができたり、病気になりにくい体作りをサポートしてくれたりといろんな効果をもたらしてくれます。

2.アロマテラピーを愛犬と一緒に楽しもう


アロマテラピーは人間が行うものという固定概念が強くありますが、実はワンちゃんにも人間と同じ効果があると世界で認められています。ワンちゃんも人間と同じように毎日の生活の中で少なからず環境の影響を受けたりそれが原因でストレスを溜め込んでいたりする場合があります。ストレスが溜まると免疫力が低下したり、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れてしまうというトラブルが起きてしまうので、そういったことを防ぐためにリラックス効果のあるアロマテラピーは最適な方法といえます。

愛犬とアロマを楽しむためのやり方はいたってシンプルです。エッセンシャルオイルを水で薄め市販で売られているアロマポットに垂らしキャンドルで加熱するだけです。時間とともにアロマの成分が水と一緒に蒸発するので、その香りを嗅ぐだけで人間もワンちゃんも同じ効果を得ることができるのです。

ラベンダー

ストレス解消に最適なアロマといえばラベンダーです。一般的にも知られている有名なエッセンシャルオイルです。抗菌、殺菌作用の他に防虫効果や免疫力アップといった様々な効能があります。

ローズマリー

爽やかでフレッシュな香りのローズマリーは呼吸器系に効果があるといわれています。のどの気管の炎症を抑えて咳を止めてくれる効果も。体が弱っているワンちゃんにおすすめのアロマです。ペパーミントやはっかなども呼吸器系に効果があります。

ユーカリ

寝る前におすすめのアロマとして有名なのがユーカリです。興奮状態や落ち着きのないワンちゃんにぴったりです。ぐっすり熟睡できるほどの安眠へと導いてくれるので疲労回復効果も期待できます。ちなみに、ヒノキやシダーウッドなどもユーカリと同じ効果があるといわれています。

3.犬に絶対に使ってはいけないアロマオイルがあります!



オレガノやタイム、カシアなど様々ありますがその中でもクローブは要注意です。使ってはいけない理由として、少量でも皮膚への刺激が強いことや神経毒性をもつ成分を高濃度に含んでいることがあげられます。香りを嗅ぐだけでも皮膚に影響がでたり鼻や喉を痛めてしまう場合があるので注意が必要です。

特に気をつけたいのは神経毒性です。神経毒性とはわかりやすくいうと殺虫剤に似た成分が含まれているということです。アロマに使われるクローブはその成分を多く含んでいるとして犬には絶対に使用してはいけないアロマオイルとなっています。

4.犬にもそれぞれ好みの香りがある?


人間にもたくさんの好みがあるようにワンちゃんにも好きな食べ物や遊び同様、好みの香りがあります。愛犬がどの香りを気に入っているかの判断はしっぽや仕草を見て決めます。たとえば、しっぽを振っていたりごろんと寝転がってお腹をみせるなどリラックスした体制をとっていればそれが愛犬のお気に入りの香りということになります。反対に、くしゃみを連発したりあくびをするようであれば苦手な香り、もしくは嫌いな香りといえるでしょう。

5.その他の注意点

一言でエッセンシャルオイルといってもたくさんの種類があります。ワンちゃんに使ってはいけないオイルを避けることはもちろんですが、オイルの種類を選ぶ前にまず頭にいれておかなければならないことは植物由来100%のオイルを使うということです。これは一般的に精油と呼ばれているので成分表記を確認すれば100%なのかそうでないかが一目瞭然です。合成のオイルを使うと効果も出にくい上に逆に気分が悪くなるなどの症状を引き起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

人気のアロマオイルとして、より高い効果を期待できるブレンドオイルも人気になっています。ブレンドオイルが一つあればいろんな相乗効果を期待できるので飼い主さんにとっても手軽なオイルですが、必ずプロが調合したものを使用しなければいけません。自分で調合したものをワンちゃんに嗅がせると、最悪の場合副作用が出る可能性があります。ワンちゃんと一緒にアロマテラピーを楽しむには、適切な使用方法で行うことを心がけることが大切です。