無駄吠えが多い?シルキーテリアの吠え癖・無駄吠えを克服しよう

1.シルキーテリアだから吠えるのか?

家で飼っているシルキー・テリアがなぜこんなに吠えるんだろうと悩みを抱えている飼い主さんは少なくありません。
番犬として侵入者や不審者に対して吠えるならともかくそうではない無駄吠えや吠え癖は周囲の近所迷惑にもなりますので、克服しなければいけない問題です。
シルキー・テリアという犬種だから吠えるのではなく適切なしつけをしてこなかったことが、飼い主さんの一番の見落としポイントです。
飼い主さんの中には犬は従来吠えるものと思って吠え癖に納得している人もいますが、そのようなことはありません。
プロのドッグトレーナーにしつけを施された犬は吠え癖や無駄吠えをしません。
ここでは吠え癖や無駄吠えについての知識を深めるとともに、解決方法も併せて紹介していきます。

 

2.シルキー・テリアの吠え癖・無駄吠えについて

シルキー・テリアが吠えるのには理由があります。
人間にとっては無駄吠えと思えるものであっても、犬にとってはそれなりの理屈があるのです。
その理由の1つとしては警戒していることが挙げられます。
犬が怖いと感じたものに対して吠えるのは自然な行動です。
威嚇することで自分ならびに飼い主を含めた家族を守ろうとしているのです。
ただし、それを単なる通行人に対しても行ってしまうので、無駄吠えになります。

また、犬は自分の要望を飼い主に叶えさせようとするときにも吠えます。
これは子供がだだをこねるのと同じです。
たいていの飼い主は叱りつけるだけで終わってしまいますので、ますますエスカレートしてしまいます。
逆に、犬が吠えたら何でも犬の要望どおりにしてしまうと、吠えたら何でも言うことを聞いてくれると認識してしまって、吠え癖が抜けなくなります。
これでは逆効果です。いずれにせよ、解決方法としては適切なしつけをすることです。

 

3.シルキー・テリアの吠え解決のために何をすれば良い?

恐怖による無駄吠えを解決するためには、まず犬が吠える状況を再現してみることです。
知人に協力してもらって室内に入ってもらいます。
つまり、犬が吠えるきっかけを作るのです。
犬が吠え始めて鳴き止んだらご褒美を与えましょう。
褒めながらおやつを与えます。
知人には室内から出てもらった後、再び部屋に入ってきてもらいます。
そして、再び吠えるのを止めたらご褒美を与えます。
これを繰り返すのです。
ここにおいて、犬は吠えるのをやめることとご褒美がもらえることが頭の中で結びついて、むやみやたらに吠えなくなります。

また、犬が要求を飼い主に押し通すために無駄吠えをするときには、フォーマットトレーニングというしつけが解決方法になります。
これは犬の状態をフォーマット、つまり初期化するためのトレーニングのことであり、プロのドッグトレーナーが用いているしつけ方法です。
ここでいう初期化とはアイコンタクト、おすわり、待ての3つのことです。

散歩に連れて行ったり、遊ぶときなど犬にとって強い刺激を伴う行動をする前に必ず犬を初期化するようにします。
たとえば、散歩に行こうとしたら、必ずその前におすわりをさせたり、待てをするように指示します。
こうして、犬の行動をまず初期化します。
このトレーニングを日頃から行っていると、犬が無駄吠えをしたときにおすわりの指示をすればすぐに吠えることをやめて座るようになります。

タイムアウトというしつけ方法もおすすめです。
タイムアウトとは「一時中断」のことを表し、具体的には「無視すること」です。
犬は飼い主の気を引かせるためだけに吠えることも珍しくありません。
そのような場合は、タイムアウトをします。
たとえば、犬とじゃれていたり、遊んでいるようなときに、犬が無駄吠えをすれば犬とのかかわりを遮断するのです。
犬が存在しないかのように振舞うことで、犬に大きな罰を感じさせます。
これで無駄吠えをすれば、無視という罰が待っていると犬が認識し始めて吠え癖が改善されるようになります。
罰の効果を高めるには、部屋から飼い主が出て行く方法も効果的です。