犬の熱中症に注意!4つのケース別 夏の暑さ対策!散歩・車・カット

1.お留守番をさせる場合!



夏場、室内の気温はとても高くなります。愛犬にお留守番をさせる際には冷房を利用し、快適な温度を保つようにしましょう。また直射日光対策としてレースのカーテンを閉めるなどし、ケージやベッドを置く場所にも気を配るようにしてください。いつでも飲めるように常温のお水をたっぷり用意しておくのも大切です。

ペット用のクールマットも愛犬の体を冷やせるので便利ですが、噛みぐせのある子に冷却材入りのものを敷いておくのは危険なこともあるので注意しましょう。

2.続いて車での移動中の場合!


愛犬を車に乗せる際にはクールマットや凍らせたペットボトルを用意し、十分体を冷やせる環境を作ってあげましょう。後部座席だとクーラーの風が当たりにくいことがありますので、こまめに愛犬の様子をチェックするようにしてください。

愛犬が興奮している場合にはより熱中症になりやすいので注意が必要です。

それから、少しの間だからと愛犬を車内に残していくのは大変危険です。日陰だろうと車内の気温はぐんぐん上がります。あっという間に愛犬が熱中症になってしまうので、絶対にやめましょう。

3.続いて、出先での暑さ対策について!


愛犬を外に連れ出す時間帯は、日差しがそこまで強くない朝か夕方以降がおすすめです。ただし真夏は夜でも熱中症になる可能性がありますので、アスファルトに熱が残っていないかなど確認するようにしましょう。

夏用のクールウェアやバンダナ、スプレーなどを利用するのもおすすめです。肉球以外に汗腺のない愛犬は自分で体温調節をすることが難しいので、こうしたグッズを上手く活用してあげると良いでしょう。

外に行く際には十分なお水を用意し、いつでも飲めるようにしておくのも大切です。

4.サマーカット


夏の暑さ対策として愛犬をサマーカットにしている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

でもこのサマーカットにも注意が必要です。

犬の被毛には害虫や直射日光から皮膚を守る、乾燥を防ぐ等の役割があります。断熱材代わりにもなっている全身の毛を極端に短く刈ってしまうと、かえって愛犬にとっては暑いという結果につながります。短く刈ってしまうことで毛質が変化したり、紫外線が皮膚に直接当たるようになるので日射病になったりと、思わぬ弊害を招いてしまうこともあります。

サマーカットにする場合には部分的に毛を短くする、軽く毛をすいてあげるなどの方法を取るようにしましょう。