シルキー・テリアの咬みつき・噛み癖を克服しよう!

1.なるべく早い時期にしつけを

シルキー・テリアの噛み付きや噛み癖を直すには、できるだけ早めにしつけをすることです。
シルキー・テリアを飼ったばかりであれば特別なしつけはまだ必要ありませんが、甘噛みをし始めると、この時期がしつけのタイミングと判断した方がいいでしょう。

 2.シルキー・テリアの咬みつき・噛み癖・甘噛みって?

シルキー・テリアは、生後からしばらく経過すると甘噛みをするようになります。
生後1年未満の子犬の時期によく見られる行動です。仔犬が甘噛みをする理由には、実にさまざまなものがあります。
1つは単純に遊んでいるのです。
子犬の頃は好奇心旺盛なのでじゃれて噛んでしまいます。
また、歯が生え変わっていることも、その理由として挙げられます。
歯が永久歯に生え変わるときは歯茎がむずがゆくなりますので、それを軽減するためにこするようにして噛みます。

シルキー・テリアは家の中で飼うのが一般的ですが、家の中にはわんちゃんが噛み付きたくなるものがたくさんあります。
スリッパであったり、ぬいぐるみであったり、さまざまです。
シルバー・テリアがこれらのものに甘噛みをし始めたときに、これらのものは噛んではいけないと教えてあげましょう。ここでしつけをしなかったら噛み癖が直らなくなります。
ときにはちょっとしたことですぐに人や動物に噛み付くようにもなります。

ただし、噛む行為自体を禁止するのは禁物です。
エサを与えられたときに食べたら飼い主に怒られるのではないかと、不安な気持ちになることがあるのです。
そのため、噛むこと自体は禁止せずにゴムボールやガムなど噛んでもいいものも同時に与えてあげましょう。
怒るのは噛んではいけないものを噛んだときのみです。

しかしながら、いくらしつけをしても噛んではいけないものを噛んだり、ときには飼い主にも噛み付くようなことがあれば、これは主従関係に問題があります。
飼い主とわんちゃんとの間に信頼関係が構築されていないのです。
実はこうした主従関係について誤解している飼い主が非常に多く不適切なしつけをしている可能性があります。 

3.プロが教えるしつけに学ぼう

プロのドッグトレーナーが行うしつけについて勉強することは、飼い主さんにとって大きなメリットになります。
飼い主とじゃれていて手に甘噛みをしてきたら、いきなり大声で叱責してはいけません。
わんちゃんは何で叱られたのか理解できないまま怒られると、飼い主に対する信頼を持たなくなります。

プロのドッグトレーナーの場合は、手を噛みそうになったら自分の手元から離します。
それが遊んでいるときであれば、遊びも中断します。
そうして甘噛みすることはしてはいけないことだと、犬自身に理解させることから始めるのです。
それでも噛もうとしたときには、その瞬間に口を当てて「ダメ」と言って噛む行動を止めます。
噛んでから叱るよりも噛ませる前に行動を止めることは非常に効果的です。
ストレス防止のために、その後、噛んでも良い玩具を与えてあげましょう。

また、わんちゃんがある程度成長してから初めて噛む癖をしつけるような場合には、噛んではいけないものに犬が嫌がる味がするものや、臭いのするものを付着しておくといいでしょう。
そのような対策をすることで、噛んだら嫌な思いをすることを無理やりにでも認識させるのです。これを継続的に行うと、わんちゃんは不快な思いをしたくないので、だんだんとそれを噛まなくなります。

こうしたプロが教えるしつけ方法は、子犬だけではなく成犬にも適用できます。
シルキー・テリアの寿命は15年前後といわれています。
早めにしつけを終えて甘噛みや噛み付き癖を克服して、毎日を楽しく一緒に過ごしましょう。