おうちのフローリング、滑りませんか?フローリングによる愛犬の健康被害

1.フローリングによる健康被害とは


今日の住宅はリビングをはじめ、寝室・廊下・ダイニングなど部屋の床のほとんどがフローリングです。また、昔に比べ、庭で犬を放し飼いする人は少なくなり、室内飼いのペットが大半です。

畳やカーペットに比べ、掃除が簡単で人間にとっては便利なフローリングですが、

犬にとっては大きな病気の原因になる可能性があります。犬とってフローリングはツルツルととても滑りやすく、腰や足に想像以上の負担がかかるため、脱臼、椎間板ヘルニア、レッグ・ペルテス病などのケガや関節疾患に罹患する可能性が高まってしまうのです。

また、犬の爪によりフローリングが傷つき、賃貸などの場合は修繕費用が必要になる場合もあり、愛犬のためにも、住宅のためにもフローリング対策は必須です。

脱臼

脱臼とは、骨が関節から外れてしまった状態を指します。脱臼は関節の存在する部分全てで起こり得る疾患ですが、原因がフローリングである脱臼は肩関節・肘関節・手根関節・膝関節などの関節で起きることが多いようです。いずれの関節における脱臼においても、症状が進行すると歩行が困難となり、一生歩行ができなくなってしまう可能性があります。

脱臼の種類により罹患しやすい犬種は異なりますが、すべての犬種において起きうると疾患と言えるでしょう。患部を固定し、安静にすることで治療できますが、骨折やじん帯の断裂を伴う脱臼の場合は手術が必要となります。

椎間板ヘルニア

背骨の間に挟まっている椎間板と呼ばれるクッションが潰れ、飛び出したり、変形してしまうことにより、神経を圧迫する病気です。


進行すると脚が麻痺し、立つことすら出来なくなってしまいます。ミニチュア・ダックスフントやウェルシュ・コーギーなど、通常でも腰に負担のかかりやすい胴長の犬種が罹患しやすい傾向にあります。手術を伴うことは少ないですが、再発する可能性が高い疾患であるため、関節を痛めないような環境作りが一番の治療となります。

レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテス病は、大腿骨頭壊死症とも言われ、骨盤と接する側の大腿骨の先端が壊死する病です。治療方法は手術のみとなっており、壊死した部分を切除したり、関節を人工のものに置き換えるなどの処置を施します。小型犬や走り回ることが多い成長期の子犬に多く見られる疾患です。

脚を引きずる、四肢を必要最低限しか床につかないようにしている、走り回らなくなったなどの徴候が見えた場合は、上記のケガや病気の可能性があるため、すぐに対処しましょう。

5.滑らない家づくりとは


愛犬のための滑らないフローリング対策は、大きく分けて3種類あります。

【床材の張り替え】

一軒屋やDIYが可能な住宅である場合は、フローリングをカーペットや犬の足腰にやさしいフローリング風の床材に貼り替えましょう。一番愛犬にとって危険のない方法となり、部屋の統一感なども考えながらコーディネートできますが、専門業者への依頼となるため、コスト面では一番高額となります。また、時間も一番かかります。

【フローリングコーティング】

フローリングを特殊な塗料でコーティングする方法です。見た目は元のフローリングとほとんど変わらないため、部屋の雰囲気が変わりません。塗料は犬が舐めても大丈夫なものが多くあるので安心です。コーティングのためには家具を移動する必要などがあるため、人によっては少しハードルの高い方法となるかもしれません。

【ブロックタイプの床材でフローリングをカバー】

正方形にカットされたカーペットやクッション性のある床材をフローリングの上に置き、カバーする方法は手軽です。専門業者を使わず、自身で簡単に敷くことができ、汚れた場所だけ取り換えることもできるため清潔です。部屋の形状によって自分で床材をカットしたり、ぴったりとカバーすることが難しい可能性がありますが、一番手軽な方法であると言えるでしょう。

まとめ

犬にとってはフローリングは死因となってしまう可能性すらあります。一度愛犬の様子をしっかりと観察し、フローリングで歩きづらそうにしているなら対策を考えましょう。