愛犬とのハグがストレス解消や病気予防になるかも?!

1.恐るべき!ハグの効果を知っていますか?

 

ハグには免疫力が高まる効果があります。ハグをするだけでウイルスの感染を防止したり、体調不良になりにくくなります。実際に病気がちな人は愛犬を毎日ハグすることで健康的になることがわかっています。このことを証明したのは海外の神経経済学者です。これは犬での証明ではなくカップル同士のハグを実験対象にしたものですが、パートナーとハグをすればオキシトシンというホルモンが分泌されることが判明しました。

 このオキシトシンは哺乳類だけが持っているホルモンのことであり、性交渉をしているときにその量が最も分泌されます。これは男性も女性も同じです。また、妊娠をしている女性は乳児に授乳をするためにオキシトシンが分泌されやすいです。オキシトシンが多く分泌されるようになると病気予防になって健康的な生活を送ることができるようになります。

 

しかしながら、このオキシトシンは他のエストロゲンなどのホルモンとは異なって強い刺激を受けないと全く分泌されないという特徴を持っています。ストレスを強く感じているときにはオキシトシンが分泌されにくくもなります。マッサージやヨガなどのリラクゼーションを促すものを実践すればオキシトシンが出やすくなりますが、最も効果的なものはハグです。

その効果は哺乳類同士であれば発揮されますので、愛犬を日頃からハグしてあげるとお互いに効果があります。目安としては18回以上ハグすることです。

 

2.わんことのハグで若返りも!

愛犬とハグをすることで免疫力が上がって身体が健康的になりますが、効果はそれだけではありません。列挙すると次のような効果が挙げられます。ストレス解消効果、睡眠促進効果、アンチエイジング効果、血圧上昇の抑制効果などがあります。特に、ストレス緩和とアンチエイジングには非常に高い効果を発揮してくれます。

 そもそもストレスが蓄積するのはストレスホルモンというコルチゾールが発生するからです。オキシトシンはこのコルチゾールと反対の働きをしてくれるのです。そのため、ハグをすることでリラックスした気持ちになるので、ストレスが発散されやすくなります。

 

アンチエイジング効果については、オキシトシンの分泌量が増えると愛情と信頼の感情を呼び起こすことができるからです。愛情を感じると女性は女性ホルモンが分泌されるようになります。女性ホルモンは肌のエストロゲンやコラーゲンといった美容成分の分泌量と比例関係になっています。よく恋をする女性は美しくなると言われていますが。これは恋をすることで女性ホルモンが増加しているからです。
実際に女性はパートナーから頭をぽんぽんと触られると心がときめくと感じる人が多いです。ハグはそうしたソフトタッチよりもオキシトシンの量が増加します。

 

これは恋人関係だけではなく母子関係も同様です。子供をよく抱っこする母親は子供と信頼関係を築きやすい傾向があります。それは抱っこをすることでお互いのオキシトシンが上昇してお互いの愛情と信頼の感情が喚起されているのです。このことからオキシトシンは別名として絆ホルモンとも呼ばれています。このような効果は飼い主と愛犬にも当てはまります。

 

ちなみに、犬に関しては見つめ合うことだけでも効果があります。哺乳類が見つめ合うということは敵を威嚇することを本来は意味します。実際に狼と見つめ合うと攻撃をすぐに仕掛けてきます。しかしながら、犬の場合は人間と共に生活をしてきた歴史がありますので、人間と見つめ合うことは親愛を示す行為に変わっていったのです。したがって、愛犬と見つめ合うだけでもオキシトシンは上昇します。

愛犬とハグすることで分泌されるホルモンはオキシトシン以外にもあります。たとえば、βエンドルフィンがあります。これもストレスを軽減する効果を持っています。このホルモンが分泌されるには条件があります。愛犬と30秒以上ハグする必要があります。ストレスが軽減されれば体内の活性酸素も除去できます。活性酸素は肌の酸化を促進させてエイジングを進める作用があります。そのため、ここでも若返り効果が期待できます。また、ドーパミンというホルモンもあります。

その効果は快楽を感じることです。これもβエンドルフィンと同様、30秒程度ハグをしないと分泌されません。ただし、セロトニンも一緒に分泌されることが多いです。これは精神の安定効果があります。

まとめ

 愛犬をハグすることでお互いに健康的になれますし、ストレスも解消することができます。それだけでなく、ストレス発散と愛情を感じることを通してアンチエイジング効果も期待できます。ハグは身体にとっても心にとっても良い影響があります。普段、愛犬とハグをしない飼い主は一度チャレンジしてみるといいでしょう。


お互いがハッピーな気持ちになって幸せな生活を送ることができます。ただし、犬が嫌がるようであれば無理やりせずに徐々に慣らしていきましょう。