犬に服を着せる理由とは

近頃、犬用の服も可愛いものが増えてきました。犬に服を着せるのは、飼い主さんの自己満足と思っていませんか?犬は体毛があるから洋服は着せる必要はないと思っている方もいると思います。ですが近頃では室内犬の環境も大きく変わり、自らの体温調節ができない場合が増えています。そのためワンちゃん用の服は、犬の体温保持に必要な場合があるのです。

1.防寒対策のための服

もともと、寒い地域にいなかった犬の多くは被毛が「シングルコート」である場合が多いです。シングルコートの犬種は、ダブルコートの犬種に比べて寒さに弱い傾向にあります。また、品種改良を重ねた室内犬や、体毛が薄く少ない犬などは、体温調節機能が万全ではありません。体調を崩す恐れがあるので、体温保持のために洋服が必要となります。そのため、防寒対策として着せる洋服は、保温効果の高いものを選んでくださいね。

2.暑さ対策のための服

寒さ対策のために服を着せることはなんとなくわかるけど、暑いときに服を着せるの?と思われるかと思いますが、直射日光を浴びることで、体温が上昇し熱中症などになる危険性があります。洋服を着せることで、直射日光から体を守る事ができます。この場合は、通気性が良いものや保冷効果のある洋服を選んであげましょう。

まとめ

原産地や慣れた環境から離れた場所で暮らす犬は、身体を守りきれない場合があるので、洋服が必要であるということです。可愛さだけのためではないということを知っておきましょう。おしゃれのためだけではなく、犬の健康のためもあるということです。

もちろん、洋服を嫌がる犬もいます。嫌がる場合は無理に着せる必要はないですが、何度か着せているうちに慣れてきます。ご自身が飼っている犬種の特性に合わせて、洋服を選んであげるようにしてください。