犬と食事について知っておくべき3つのコト

1.食事のしつけで大事なのは「まて」と「よし」


食事のしつけは、飼い主がGOサインを出すまで、犬が目の前にある大好きなご飯に口をつけないようにするために行います。
このため、重要となるのは「まて」と「よし」です。
最初のうちは「まて」と「よし」の間はそれほど長い時間でなくてもよく、一呼吸置いた後に「よし」と言ってあげれば十分です。
犬が徐々に慣れてきたなら、「よし」と言うまでの時間を伸ばしてみましょう。

また、その途中で「お預け」と言って犬の食事を中断させてみることも食事のしつけにおいて有効です。

2.唸る場合は、信頼関係の構築ができていないかも?


「まて」や「お預け」の指示を出すと、唸りだす犬がいます。
これは犬と飼い主との信頼関係ができていないために「なぜ従わなければならないのか」と犬が不満に感じているからです。

このような場合には、食器を手に持ったまま餌を与えてください。
このとき1食分すべての餌を食器に入れてしまうのではなく、何度かに分けてあげるようにしましょう。
このようにすることで、犬は餌をくれる飼い主の立場の方が上なのだと理解します。
もし食器を持った手に噛みつかれてしまわないか不安ならば、食器を持つ手まで届かないようにリードの長さを調節することをおすすめします。
そして、一定期間このしつけを続けたならば、今度は直接手で餌をあげてみてください。
信頼関係を構築するしつけを行えば、食事中に犬が唸ることもなくなります。

3.食事のしつけは犬の健康のためと理解する


もし食事のしつけがしっかりできていなければ、犬は飼い主の指示を無視して餌を盗み食いしてしまう可能性があります。
あるいは、お菓子を食べるけれど、ドッグフードを食べてはくれないという状況になるかもしれません。
こうなったとき飼い主としては困りますよね。
病気になったり、寿命が縮まったりしてしまえば飼い主としても悲しいでしょう。
しかし、一番つらい思いをするのは健康を害する犬でしょう。

人間にとっても健康に適切な食事が欠かせないように、犬にとっても健康を守るために食事はとても重要です。
食事をコントロールすることは犬に可哀そうではないかと感じる飼い主がいるかもしれませんが、実際には犬の健康を守るためにも食事のしつけをきっちりと行わなければなりません。
信頼関係が構築されていれば犬にとって食事のしつけは苦ではないので、犬自身の健康のためと理解して、取り組んでください。