愛犬から嫌われた?愛犬に好かれるために出来ることとは

犬と一緒に生活するなかで、最近「愛犬が自分を見ても喜んでくれなくなった、構って欲しいというアピールをしなくなった」と感じることはないでしょうか。

また、「抱っこを嫌がるようになった」「お散歩を嫌がるようになった」というケースから、愛犬から嫌われはじめているのかな?と感じることもあるでしょう。

そんな時、どんな飼い主さんでも「可愛い愛犬に好かれたい!」と思いますよね。
今回は、もっと愛犬に好かれるために、あなたに出来ることを考えてみましょう。

1.愛犬から好かれていないかも?と感じた原因

犬のシルエット

愛犬が飼い主さんを嫌いになる原因として、以下の2つの行動が1番多いと言われています。

  1. 愛犬の名前を呼んでから叱る (例:OOOちゃん!イケナイ!)
  2. いつも口癖のように文句やしかり言葉を連発する。

また、どんな時に愛犬から好かれていないかも?と感じたのか、その行動から原因を考えてみましょう。


  • 抱っこを嫌がるようになった

愛犬が抱っこを嫌がるようになったとき、下記のような原因が考えられます。

・飼い主に対して群れとしての信頼感がなく飼い主をリーダーとして認められない。
・自由を奪われることに対してガマンができないという犬の気持ち
・抱かれ心地が悪い、という抱き方の不安定さや下手さ

などです。

  • お散歩を嫌がるようになった

もし、犬にとって嫌いな飼い主さんであれば、お散歩に限らず、一緒にいること自体が嫌だと感じているはずです。

今までは普通にお散歩をしていたのに、ある日突然散歩が嫌いになったとすれば、飼い主さんが嫌いになったのではなく、散歩途中で怖い思いをしたり、怖い犬や車やその他のことに出会いそうな恐怖を感じたりし「外が怖い」と感じていると思われます。

  • ある日突然嫌われた

もしも“ある突然”と感じたなら、犬にとって突発的な事件性があったことが考えられます。

・名前を呼びつけられて、近寄ったらひどく叱られた
・他の動物とけんかをしたときに、飼い主さんに逆にしかられた

など、犬の期待に反した行動から、突然「同じ群れではないのでは?」と感じたときです。
飼い主が何の問題行動も起こしていないのに、一方的にいきなりこのような嫌われ方をしてしまったという状況はまずないでしょう。

  • 飼い主が視界に入るとおびえて逃げたり、縮こまる

これは、かなりの体罰を続けた結果と言えます。


 いかがでしたか?
ごく一部の例にはなりますが、思い当たる節があった方もいるかもしれません。

愛犬が自分を見て喜んでくれなくなったり、抱っこを嫌がるのは “あなたの愛し方を変えて欲しいという犬からのサイン”です。
一度、愛犬との接し方を見直してみると良いかもしれませんね。


2.もし嫌われてしまったらどうしたらいいの?

だらけるミニチュアダックス すでに嫌われてしまっている場合は、下記の方法を心がけてみると良いでしょう。
  1. 絶対に名前を呼んでしからない。
  2. 名前を呼んだら、必ず笑顔で褒める。
  3. 犬を追い、捕まえて、触りまくったりしない。
  4. 犬が自ら近づいて来た時には軽く触ってあげる。
  5. オスワリやオイデやマテなどの指示をなるべく少なくする。
  6. 楽しい雰囲気の散歩を心がける。
  7. 出来れば散歩の途中で、一緒に走る時間を設ける。

3.これってほんと?勘違いしがちな“犬から嫌われないための行動5つ”

犬から嫌われないための行動を調べていると目にする様々な豆知識。

これってほんとかな?と疑問にもたれる飼い主さんも多いはず。
勘違いしがちな“犬から嫌われないための行動5つ”を厳選して紹介します。

(1)急に接近しない

犬のしつけクイズ
正解です。
正しくはビックリさせないように、犬のそばでは急な行動や物音をださないようにしましょう。

(2)目を合わせない

犬のしつけクイズ
不正解です。
言葉を発しない犬の場合は、目の力での表現も大事です。

正しくは、怖い目つきや嫌い戸思う目つきで見つめないということです。
優しい笑顔や愛情ある目つきなら、どんどん見てあげてくださいね。

(3)においを嗅がせてから触る

犬のしつけクイズ
不正解です。
嗅覚の良い犬にとって臭いをかぐかどうかは問題外です。

はじめて会った人やお客さんに対しては、より情報を得るために臭いをかぐことはあります。
でも、日頃同居している家族の臭いは熟知していますから、かいだから安心感が生まれることはありません。
嫌いと感じていたら、むしろ近づいてこないでしょう。

(4)ワンちゃんの前では低い姿勢でいる

犬のしつけクイズ
1番の脅かさない行動は大事ですが、低い姿勢を保つということは、嫌われている状況の中であえて媚びを売る事になります。
飼い主さんとしての信頼感もなくし、一緒に生活する意義も失ってしまいますので好ましくないでしょう。

(5)なるべく穏やかな声で話しかける

犬のしつけクイズ
正解です。
犬は言葉はわかりませんが、声のトーンやボリュームには敏感です。
穏やかな声の中で暮らす犬は性格も穏やかになるものです。

4.愛犬から信頼してもらうには?



最後に、愛犬から信頼をしてもらうための条件を紹介します。
犬にとっての飼い主さんへの信頼とは「自分を守ってくれて、生き方を決めてくれるリーダーに対する心」です。

赤ちゃんの横でその子を守る犬のように、“信頼”はないけど“愛情”はある例もあるでしょう。
でも、飼い主さんとしては、愛犬が一緒にいて安心できる“信頼できる存在”でありたいと考える方が多いのではないでしょうか。

犬が信頼する飼い主さんとの条件とは主に以下の三点です。


  • 自分を外敵から守ってくれる力があるか?

ここでいう力とは腕力ではなく愛情ある精神力です。

  • 愛情

単に触れて、可愛がってくれるだけでなく、自分の将来においても安全で健康に生きるための教育もしてくれるか?というのもポイントになります。

  • 理解力

自分の気持ちや個性を理解してくれるか、行動で表現してくれるか。

犬は心の判定に言葉や動作だけでなく、体温や体臭からも判定します。
分かった素振りではなく、分かってあげた臭いを出す必要があります。

真剣に理解しないと臭いはでません。


いかがでしたか?

ぜひ、こちらの記事を参考に、愛犬と接してみてください。

少しでも、愛犬としあわせに過ごせるお手伝いができたなら幸いです。