犬にお餅をあげても大丈夫?

お正月になると食べたくなるのがお餅!
愛犬がお餅を欲しがったとしたら、与えてもいいのでしょうか。
人間もお餅を喉に詰まらせることがあるため、危ないような気もしますよね。
注意点や対処法を解説していきます。

1.犬にお餅は害なの?


  • お餅を喉につまらせたり、やけどの可能性もあるので注意が必要。
  • 犬にお餅は与えない方が良い。
お餅は、原料はお米なので、成分的には犬が食べてしまっても問題はありません。
食べてしまっても消化不良で下痢を起こすくらいですが、問題なのは、人間同様喉につまらせてしまうことです。
犬は食べ物を飲み込んで食べるため、お餅のように弾力のあるものを食べると詰まらせてしまう危険性があります。
特に子犬や老犬は飲み込む力が弱いので注意が必要です。
最悪の場合は窒息してしまうかもしれません。
また、熱したお餅を食べてしまうと口の中をやけどする場合もあるので、お餅は犬に与えないようにしましょう。

2.お餅の保管場所には注意!


  • お餅を袋ごと食べてしまうと、脱酸素剤も食べてしまうので体によくない。
  • 袋が胃腸を傷つけてしまう場合があるため、獣医さんに診てもらいましょう。

    お餅を与えない方がいいということは、お分かりいただけたでしょうか。
    しかし犬が目を離したすきに食べてしまうこともあります。
    その時に怖いのは、袋のまま飲み込んでしまうことです。
    脱酸素剤やビニール袋はは毒性は低いものの、胃腸を傷つけてしまう可能性があります。
    愛犬がお餅を食べた後に、ぐったりしている、ご飯を食べない、排便をしない、繰り返し吐く等の行動をしていたら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。
家の近くの動物病院を探すなら、EPARK ペットライフが便利です。
年末年始に診療している動物病院も探すことができますよ。

3.まとめ


お餅は、成分的には与えても大丈夫ですが、喉につまらせしまう危険性があります。
窒息により最悪の場合は死に至る可能性もあるため、与えないようにするのが賢明です。
したがってお餅の保管場所にも十分に注意しましょう。
また、誤って食べてしまって、愛犬の様子がおかしい時は動物病院で診てもらいましょう。

こちらの記事もおすすめです

犬が絶対に食べてはいけないものとは?ダメな食べ物ダメな飲み物

子犬にミルク(牛乳)を与えても大丈夫?