犬に定位置に戻ってもらうしつけ。ハウスをマスターして犬に安心感を与える

犬もパーソナルスペースを与えてあげることで、安心感を与えることができます。
人と犬が良い関係で生活できるようにハウスを覚えさせましょう。

1.犬に教えるしつけ「ハウス」って何?

「ハウス」とは犬が所定の位置に戻っていくように誘導することです。そんなことに何の意味があるのか疑問に思う人もいるでしょう。
しかし、犬に自分だけの特別な空間があると認識させることは犬のリラックスにもつながります。
そして、家全体を自分の縄張りだと誤解させ、暴走することを食い止めることにもなるのです。
ハウスを訓練することは最初のうち困難を伴うこともありますが、ハウスを行えるようになれば犬とより自由に生活することができます。
ハウスは飼い犬にとってとても重要なプロセスなのです。

2.犬にとっての安心する場所=ハウス(犬舎)を用意する

ハウスを訓練するには「ハウス(犬舎)」を用意することから始まります。
犬舎とは犬小屋のイメージでいいのですが、犬がそこに身を置くことで安心できる場所、睡眠や食事をストレスなく行える場所として設定するといいでしょう。
犬舎は広すぎるよりも少し狭いくらいのほうが落ち着くようです。
人間もまた、少し狭い空間にいるほうが無闇に広い空間にいるよりも安心できるように、犬もまた小さなパーソナルスペースを確保したがる傾向にあります。
犬舎にはクッションを用意するなど犬の快適性も考慮して作りましょう。

3.ハウスの教え方のポイント

ハウスを教えるときにやってはいけないこと、それは犬を上から目線で叱りつけることです。
多くの飼い主がしつけと叱ることを混同してしまいがちですが、最初に覚えておきたいのは犬にとって「叱られる」という概念は理解できないということです。
無闇に怒鳴られても、犬はそれが自分の失敗のせいだとは認識できません。
それよりも積極的に犬を褒めたりご褒美を与えたりするなどして、犬にとってハウスが気持ちのいいものだと認識させるのです。
すると強引に怒らなくても犬はハウスを.するようになっていきます。

4.人間が食事をする時にはハウスさせよう

犬をハウスさせるベストなタイミングの一つが、人間が食事を行っているときです。
食事中は犬の面倒を見られないうえ、人間の食事がほしくて犬が暴れてしまう可能性もあります。
食事中にハウスをすることが習慣化すれば、犬も食事を求めてやってくることはなくなります。
ハウスをしこむと、犬が可哀想という声もあります。
しかし、人間が生活するうえで家族間でもマナーが必要ですし、犬にも同様にマナーを覚えてもらうことは大切です。
ハウスは人間と犬が共存するための重要なマナーなのです。