最低限マスターしたい犬のしつけ!まてを教える効果的な方法

犬と外出した際に、いきなり飼い主がいなくなると混乱してしまうことがあります。 犬が一人でも落ち着いて待てるようにするために「まて」の訓練をしておくことをおすすめします。


1.どうして「まて」は大事なのか

飼い主と犬が一緒に外出する際、犬にしばらくの間待たせておく場面が多々あるでしょう。
その場合、犬が不安になって吠え出したり、暴れたりすると周りの人の迷惑になってしまいます。
「まて」を覚えておくと、おとなしく待っているので、飼い主は安心してしばらくその場を少し離れることができるので、「まて」は大切なしつけのひとつです。 

2.まての効果的な教え方

「まて」を覚えさせるのに、おやつを使うと効果的です。
まず、おすわりをしつけてからスタートします。
おすわりができると、おやつを目の前に見せて、犬がおやつを食べようと頭を動かす時に、「まて」と言って、手の平を犬の顔の前に出します。
犬は驚いて、顔を引っ込めます。
それから褒めてあげます。これを何度も繰り返します。
飼い主が「まて」を言った時、おやつは食べられないことを教えます。
同時に、飼い主が手の平を出すと、「まて」のサインだと犬に伝わります。

3.おやつを使わない教え方

おやつを使って「まて」を覚えたら、おやつなしで教えてみましょう。
「まて」と言って、犬が体を動きそうなら体を止めます。
止めた後に褒めてあげます。
次に、離れた場所からでもできるかやってみます。
飼い主の1人は離れた場所から「まて」を言い、もう1人はワンちゃんの近くにいて、ワンちゃんが動きそうなら体を止めます。
それから褒めてあげます。
褒められることで、自然と「まて」を覚えていきます。