犬とのお散歩中に使いたい!ヒール・つけ(ついて)・横①

外出時にわんちゃんの身を守るためにも覚えておきたいヒール・つけ・横をご紹介します。

1.「ヒール」「つけ」「横」とはどんなしつけなの?

一般的に飼い主が飼い犬に「ヒール」と声をかけると飼い主の左側に、「つけ」は飼い主の右側にお座りすることです。
「横」は犬と散歩する際に犬を飼い主の左側もしくは右側のすぐ横につけて歩かせることです。
これらは犬の行動を抑制して不意の事故や怪我などのトラブルを回避するための声かけです。
例えば、道路上などの危険なところに犬の気を引くような何か(ボールなど)があったとしても、飼い犬が急に飛び出してしまうことを声かけすることで防ぐ事ができます。

つまり、この声かけをしつけしておくことで、犬の突発的な行動を防止することができるのです。

2.「ヒール」「つけ」「横」を教えて散歩中のすれ違いをスムーズに

犬は他の犬とすれ違うと興奮してリードを引っぱって近づいて行こうとしたり、吠えたり、追いかけ回したりすることがよくあります。
このような時、声かけをすることで犬の意識を飼い主に向ける事が出来、スムーズにすれ違うことができます。

3.おやつを使う教え方とは

しつけを教える時、して欲しいことができた時には御褒美を、できなかった時にはバツを与え、メリハリを付けることが大切です。
御褒美におやつを与えることは一般的です。
おやつは飼い犬が好きなものでカロリーが低いものが良いです。
おやつを与えるのは飼い犬がして欲しいことができた時で、声かけの事ができるようになってきたら、おやつを少しずつ減らして常態化させます。
この時、しつけは段階的に行います。
例えば「ヒール」なら、まず、おやつの誘導で飼い主の側に来ることができる。
次に飼い主の声かけとおかしの誘導で左側に座ることができる。
さらに声かけだけで飼い主の左側に座ることができる、というようにおかしを使って教えます。

次の記事では、教え方のポイントをご紹介します。