マンションでトラブルに巻き込まれないために、重要な犬のしつけ

愛犬家にとってペット可のマンションは魅力的ですよね。しかし事前知識がないと近隣に迷惑をかけてしまいトラブルに発展するおそれもあります。
ルールやマナーを守って充実のペットライフを送りましょう。

1.マンションで飼い犬のことでモメないために

マンションではさまざまなことが原因でご近所トラブルになることは多いですが、飼い犬の件も例外ではありません。
置かれている環境やご近所の人の性格や価値観、飼い犬のしつけ具合などによるので必ずというわけではないですが、揉めてしまうことは十分にあり得ると考えるべきです。
もちろん事前にしっかりと対処しておけば、ご近所トラブルに発展してしまう事態を避けられる可能性は高まります。
ワンちゃんと快適な暮らしをしていくためにも、ご近所の人に不快な想いをさせたり、自分が嫌な想いをしたりしないためにも適切な対策を行っていきましょう。

2.犬のしつけをしっかりと行う

トラブルにならないための一番の近道は、まず愛犬のしつけを徹底することです。
例えば、無駄吠えがすごかったり、マンションの敷地内で排泄をしてしまったりなどといった問題は、ご近所から嫌な顔をされてしまいます。
特に、無駄吠えに関しては、同じ空間にいなかったとしてもご近所の迷惑になる可能性は高いので、徹底してなくせるのが望ましいです。
排泄に関しては生理現象ですから、完璧にとまではいかないかもしれませんが、しつけによって改善できる余地はあるでしょう。

3.マンションの規約を確認する

ご近所の人や管理会社に注意されてしまうような問題行動を起こしてしまっていないかどうかを知りたいのなら、マンションの規約を再確認してみてください。
どこまで詳細に書かれているのかはマンションや管理会社によりきりですが、マンションのルールについて詳しくわかるものです。
内容が確認できたら、後はその規約をきちんと守るだけですからそれほど難しい話ではありません。
それでも、自分と愛犬の場合は本当に大丈夫なのかどうか不安が消えないのなら、管理会社に直接訊いてみるのも1つの手になります。
管理会社としても未然にトラブルを防げたほうがいいですから、気軽な気持ちで相談してみましょう。

4.ペット可のマンションに住む

愛犬のことでご近所から苦情が来ないようにするためには、ペット可のマンションに住むのが一番の近道です。
ペット不可の物件に愛犬と暮らすのはご法度ですから当たり前と言えば当たり前のことですが、きちんと守るべきルールとして再認識しておきましょう。

また、「2匹まで」や「小型犬のみ」などといった細かな指定がある場合は、そういったルールもきちんと守ることが大切です。
徹底的にご近所トラブルを避けたいのなら、「過去はペット不可だった物件は引越し先の候補にしない」というのも効果的な方法になります。 

5.マンションで飼うには、犬のしつけがとにかく重要

愛犬と穏やかな生活を送っていくには、何よりも犬のしつけが重要となってきます。
飼い主の目の前ではいい子にしていても、留守番をしている時はすごい無駄吠えをするワンちゃんもいるくらいです。
徹底的に無駄吠えをさせないためには、徹底的なしつけが求められます。
住むマンションは変えられても、しつけがきちんとしていないことにはトラブルの原因を完全に絶つことはできません。
ご近所の人に迷惑をかけないようなしつけを根気よく行っていくようにしましょう。