【犬のしつけ】ダメなことはダメと叱るのが大切な3つの理由

かわいい愛犬を厳しく叱るのはつらいものがあります。
しかし、しつけが身についていないと犬も人間と共存するうえで生きづらくなってしまいます。
だめなものはだめ!と教える理由を解説します。

1.人を噛むようになる


犬は歯が生え変わる時期になると、歯茎がムズムズして噛む行動が増える傾向があります。
また、遊びやじゃれている最中に、うっかり飼い主の体を噛んでしまうことも。
子犬であれば痛みはそれほど強く感じませんが、この時期にしっかりと噛んで良いものと悪いものとの区別を教えておかないと、人を噛む癖がつく恐れがあるため注意が必要です。
成長するにつれ噛む力も強くなるため、成犬になっても噛み癖が治らないと家がボロボロになるのはもちろん、本気で噛まれて大けがをしたり、他人を傷つけてしまって損害賠償を請求されるケースもあります。

しかし成犬の噛み癖を矯正するのは難しく、プロでも時間がかかると言われています。
子犬の頃から甘噛みに対してしっかりと叱ることは、飼い主にとって避けてはならないステップと言えるでしょう。

2 .犬が自分のことをリーダーだと思い込んでしまう


大昔から群れをなして集団生活をしてきた犬は社会性が強く、群れの中の上下関係を非常に重んじる性質があります。
飼い犬にとっての群れは同居する家族。
何をしても叱られずに甘やかされて育つと、自分がリーダーだと思い込んで飼い主の言うことを聞かない、吠える・噛むなどの問題行動を起こしやすいなどの傾向があります。

食事の際に「待て」ができない、散歩の際に飼い主より先を歩く、思った方向に行けないと怒る、呼んでも来ないなどの行動は、犬が飼い主よりも上だと思っているサイン。
お互いに良い関係を築くためにも、愛情を与えるだけでなく主従関係をハッキリさせておくことも大切です。
犬の要求を全て受け入れるのではなく、ダメなことはきちんと叱って、飼い主がボスであることを理解させましょう。

3.過度な褒め方でわがままな犬になる


上下関係に厳しい犬は、自分より格上の人から褒められるととても喜びます。
そのため、主従関係づくりやしつけの際に犬を褒めるのは正解と言って良いでしょう。
しかし、褒め方によってはわがまま犬になるケースもあるため、注意が必要です。
避けたいのは、大きな声や高い声で大げさに褒めること。
犬が余計に興奮してしまうほか、飼い主が自分より下に見える恐れもあるからです。
主従関係が逆転してしまうと、吠える・噛むなどの問題行動を起こす可能性もあるため、褒めるときには飼い主が格上だと伝わる褒め方を心がけましょう。
その方法は、犬が落ち着いた状態の時に、穏やかな口調で褒めること。
指示にきちんと従ったら、時間を空けずにその場で褒めてあげることも大切です。
正しく褒めることで、しつけもよりスムーズに進むことでしょう。