こんな方法は間違ってる?犬のトイレのしつけの疑問に回答します

(1)疑問1:時間を決めてトイレトレーニングをさせるのはいいの?

犬がトイレに行く時間が分かれば、飼い主からしても非常に対処が楽になります。
そのため、あえて犬にトイレに行くことを我慢させてタイミングを周期的にするトレーニングもあります。
しかし、成功にはかなり根気がいるうえ、犬の健康を害することにもなりかねません。
犬のトイレをコントロールしたいのであれば、犬がトイレに行きたくなる状況を知り、排泄を促すほうが簡単です。
起床後、食事後、運動後に犬はトイレに行きたくなるので注意して行動を観察しておきましょう。

(2)疑問2:トイレのしつけで罰を与えたり怒ったりするやり方はいいの?

トイレが上手くいかないと飼い主は思わず怒ってしまいがちです。
なかには、犬がトイレをしたくなりそうな素振りを見せたら無理矢理トイレの前まで引きずっていって用を足させようとする人もいるようです。
しかし、そんな方法でトイレトレーニングをしても成功する保証はどこにもありません。
飼い主の都合を犬に押し付けるだけでは、犬は言うことを聞いてくれないのです。
トイレトレーニングでは犬の気持ちを想像することが大切です。
「どうしてできないのか」と起こる前に、そもそも犬が所定のトイレで用を足したいと思ってくれるような環境を作りましょう。

(3)トイレのしつけで怒ってはいけない理由

トイレのしつけで犬を怒ってはいけないのは、怒っても犬は意味が分からないからです。
犬には「間違った場所でトイレをしたから怒られた」という因果関係を理解することができません。
そのため、飼い主が怒鳴ったり罰を与えたりしてもパニックに陥って怯えるだけです。
そして、最悪の場合、飼い主を「怖い人」と認識してしまってますます言うことを聞かなくなる恐れもあるのです。
トイレのしつけで重要なのは力づくでしつけることではなく、犬が自然と飼い主の望みどおりのトイレをしてくれるように誘導することです。

(4)こんな方法でトイレのしつけをしてみては

トイレをしつけるときは、トイレに行きたそうな素振りを確認したら、あくまでも優しく、抱っこをするなどして犬をトイレまで連れて行きます。
そして、トイレが終わったらご褒美をあげるようにしましょう。
これを繰り返していると犬は「あの場所でトイレをすればご褒美をもらえる」と認識し、やがて自分でもトイレに向かうようになります。
犬によってはなかなか覚えてくれずに苦労をする可能性もありますが、犬との信頼関係を崩さないためにも、トイレのしつけは慎重かつ丁寧に行うことが肝心なのです。