犬にも酵素は有効です!効果的にワンちゃんが酵素を取り入れる方法4つ

1.酵素ってそもそも何?


酵素とは、体内の様々な化学反応に「触媒」としての役割で働くたんぱく質の事を指します。食べたものを消化し、吸収そして排泄といった活動をはじめ、生命を維持するための反応には酵素の働きが密接に関係しています。酵素の力がなければ、食べ物に含まれるビタミンや食物繊維・ミネラル・たんぱく質・脂質などの栄養素を体内に取り込む事が出来ません。

したがってサプリメントなどでいくら栄養素を補っても、酵素が不足していると十分に使うことができません。

2.酵素の種類

酵素には大きく分けて3つの種類があり、1つは体内で生成される体内酵素である「消化酵素」と「代謝酵素」、それから食物に含まれている「食物酵素」に分けられます。

3.体内酵素2種類


体内酵素とは、働きによって2つに分けられ「消化酵素」と「代謝酵素」に分類されます。

体内に取り込んだ食べ物を消化して分解する役割を持つのが「消化酵素」で、体内にある栄養素を素にして細胞や筋肉などの修復・再生、そして免疫力の向上といった身体作りに不可欠なものが「代謝酵素」になります。

消化酵素にはいくつかあり、代表的なものを挙げていきます。炭水化物を分解する酵素「アミラーゼ」、たんぱく質分解酵素「プロテアーゼ」、脂肪分解酵素「リパーゼ」、繊維分解酵素「セルラーゼ」、乳糖分解酵素「ラクターゼ」といったものがあります。

代謝酵素は、新陳代謝の促進・血液を洗浄する・余分な脂肪を分解して体外に排出する・自然治癒力の向上・免疫力を向上させて病気や感染症にかかりにくくするといった働きがあります。

どちらの酵素も、身体にとって不可欠なものなので、バランス良く取り入れていくことが健康維持に大切なことです。

4.食物に含まれる「食物酵素」


生の食べ物や発酵食品には、その食材自体を分解するための酵素が含まれています。この酵素のことを「食物酵素」と呼びます。食べ物に含まれる酵素ごと体内に取り入れると、酵素の働きによって消化を助け、胃腸への負担を軽減することができます。つまり、消化酵素の働きをサポートするといった役割も持ちます。

5.「消化酵素」と「代謝酵素」の関係は?

生き物が生命を維持するためには、食べ物を体内に取りいれ、栄養を消化・吸収してエネルギーに変換するという方法が不可欠です。そのために、まず食べ物を消化する「消化酵素」が優先的に体内で生成され、その残りが「代謝酵素」に位置づけられます。どちらか一方だけでは健康と生命を維持することは難しく、例えば消化酵素ばかりを使ってしまうと、代謝酵素が不足し免疫力が低下して病気にになりやすくなります。

6.健康な犬になるために


消化酵素を使いすぎないためには、食物酵素を積極的に取り入れることで、使いすぎを防ぐことができます。使いすぎを防ぐことによって、代謝酵素を増やすことができ、病気にかかりにくい身体作りに繋がります。したがって、賢く食物酵素を摂取することが、「消化酵素」と「代謝酵素」のバランスを保つために最適ということです。

7.「食物酵素」を取り入れる方法4


食物酵素を簡単に取り入れる方法としては大きくわけて4つあります。まずはいつものドッグフードの上に食物酵素をふりかけのようにトッピングする方法です。

キャベツやレタス・白菜といった生野菜を刻んでトッピングしたり、リンゴ・バナナのような果物を食べやすい大きさに切って乗せるといった方法です。ドッグフードに飽きやすいワンちゃんでも、トッピングの種類を変えることで、健康的な食事を毎日楽しく取り入れることができます。

2つめは、ヨーグルトや納豆・チーズといった発酵食品をドッグフードに混ぜてしまう方法です。そこで注意なのが、砂糖や塩など味付けはしない状態で与えることです。人間と同じような味付けは、犬にとっては過剰摂取に繋がります。

塩分や当分の過剰な摂取は他の病気のリスクをあげるため、基本的に味付けをしません。

3つめは、生肉を与えることです。人間と違って、犬は元々生肉を食べて生きてきました。生肉に含まれる酵素を摂取することによって、様々な栄養を体内に取り入れることができます。犬にとってたんぱく質が大変重要な栄養素ですが、ドッグフードによっては動物性たんぱく質が不足しているものもあります。このようなものには穀物などの植物性たんぱく質が多く含まれています。

犬は、植物性たんぱく質の消化はあまり得意ではなく、動物性たんぱく質の方が身体に合っています。もし生肉を与える場合は、「洗浄肉」と呼ばれる人間でも生で食べても問題なく、栄養価も高い馬肉や鹿肉といった肉を選ぶようにしましょう。

4つめはサプリメントで補う方法です。ペットショップや動物病院で手に入れられるので、手軽な方法です。

8.こんな犬に酵素が効果的

全ての犬にとって酵素は必要ですが、特に積極的にとってほしい子がいます。

まずは高齢のワンちゃんです。体内で生成できる酵素は、加齢と共に減少してしまうため、食べたものを効率よく消化・吸収する能力が低下してしまいます。まずは消化酵素を補うようにして、代謝酵素の生成が十分できるようにケアが必要です。代謝酵素が不足してしまうと、免疫力が落ちて特に高齢のワンちゃんには危険です。

また病気療養中の子にも適しています。病気の時は食欲が減退している子が多いため、食べ物から栄養や酵素を生成する事が難しいです。

早く元気になるためには、食べることが大切です。消化酵素と代謝酵素をバランスよく摂取し、病気に打ち勝つエネルギーをつけましょう。


それから、ドッグフードや基本的に加熱されたものしか食べていない子にも酵素を積極的に取り入れて欲しいです。酵素は生の食べ物に多く含まれています。酵素はたんぱく質なため、加熱してしまうと酵素自体が破壊されてしまいます。特にドッグフードは高温で作られているものがほとんどなので、酵素が含まれていません。また、加熱された加工食品ばかりを食べていてもこれと同じ事が起きます。