犬だって寒さは感じます!犬の寒さの感じ方と対策について

1.愛犬が寒さを感じる時ってどんな時?


寒さを感じるのは人間だけではありません、暖かそうなやわらかい毛に覆われている犬も、寒さを感じる時があります。人間が寒いと感じている時には、同じように犬も寒いと感じていると思った方が良いでしょう。

例えば、真冬の玄関や廊下、寒い季節に外出している時などです。人間よりも背が低く地面に近い場所に位置しているため、むしろ人間よりも寒い思いをしている可能性も高いと言えるでしょう。

2.犬種による寒さの感じ方の違い


犬種によっても感じる寒さの度合いが異なります。シベリアンハスキーやゴールデンレトリバー、そしてラブラドールレトリバーといった犬種は、もともと寒い地域が原産の犬ですし、寒さに耐えることが出来るように大型化しています。


これらの犬種は、毛がダブルコートになっていますので、冷たい風を通しにくいのです。さらに、防水性も高くなっていますので、雪の中を駆け回ったとしても体温を奪われることがないのです。日本原産の柴犬も同じような性質を持っていますので、寒い雪国で生活することが出来ます。

逆に、暖かい地域が原産の小型犬などは、非常に寒さに弱いと思ってください。毛が短くてシングルコートになっている犬は、寒い地域に適してきませんので、出来るだけ温かい室内で飼うようにした方が良いでしょう。寒い場所に長時間置いておくと、病気になってしまいます。


シングルコートの代表的な犬種として、プードル、ミニチュアダックスフント、パピヨン、チワワ、マルチーズ、ミニチュアピンシャーなどが挙げられます。いずれも比較的小柄で、体温を体内に留めておく機能が低い犬種と言えるでしょう。

 

3.見逃さないで!寒い時のサイン


では、愛犬が寒がっているというのは、一体どのようなサインから見ることが出来るのでしょうか。簡単な見分け方として、ケージの端の方で丸まっている、ベッドやタオルの下に潜り込もうとする、ストーブの前に行きたがる、手足を身体の下に隠そうとする、ブルブルと震えている、人間のそばにくっついて離れない…などが挙げられます。

必ずしも寒さによる行動ではないかもしれませんが、寒い時期に以上のような行動をとっているのであれば、寒い時のサインかもしれないと疑った方が良いでしょう。手遅れになる前に、何らかの対策を施してあげる必要がありますので、たとえ小さなサインであっても見逃さないようにしましょう。犬は口で何かを伝えることが出来ませんので、人間がしっかりと見ていてあげることが必要なのです。

4.愛犬のための寒さ対策


続いて、寒がりな愛犬のためには、一体どのような対策を施してあげると良いのでしょうか。まずは、寒い季節にはストーブの近くにベッドを置いてあげたり、床暖房を一日中つけておいてあげるという方法があります。床から上がってくる冷気というのは、小型犬にとって毒になりますので、床暖房は強い味方になってくれることでしょう。ただし、どうしても大掛かりな床暖房を取り付けてあげることが出来ない場合には、愛犬専用の湯たんぽを作ってあげると良いでしょう。お湯の温もりと言うのは、愛犬の身体を優しく包んでくれますので、寒さを防ぐことになるのです。

また、ベッドに多くのタオルや毛布を置いてあげるということも大切です。犬というのは、暖かさ調節しながらベッドを作っていきますので、多めにタオルや毛布を置いておいてあげることが必要です。足りないと寒い思いをしてしまいます。

次に、散歩に出かける時には、肌が露出している部分を覆ってあげることが必要です。特にお腹や手足というのは冷えやすいので、靴下や腹巻といったものを準備しておいてあげるようにしましょう。嫌がらないようにするためには、小さな頃から「何かを身につける」訓練をしておくことが重要です。天候が悪い日には、絶対に外に出ないようにしましょう。すぐに体調を崩してしまいます。

 

まとめ

童話などの影響で、犬というのは寒さに強いと思っている人が少なくありません。しかし、よく考えると人間よりも低い位置で生活していますので、地面から立ち上ってくる冷気や刺すような外気に耐えられないことが多いのです。寒さに強いのは、ほんの数種類の犬種だけですので、他のほとんどの犬は寒さに弱いと思ってください。

犬は寒くても辛くても我慢をしてしまう生き物ですので、寒そうにしている時には、人間が敏感に察知して率先して動いてあげなくてはいけません。そうしないと、愛犬はすぐに病気になってしまいます。

特別な装置は必要ありません。愛犬が暖かく過ごすことが出来るような工夫を凝らしてあげることが必要なのです。人間が暖かく暮らすために必要なものと、犬が暖かく暮らすために必要なものは同じです。

洋服を着せられている犬は可哀そうだと言う人もいますが、寒さ対策として着せている人も数多くいるのです。愛犬の心地よさを何よりも優先してあげましょう。