トイプードル目やに・目の周りが腫れている!目の下が赤茶けている!これって目の病気?

トイプードルのつぶらな可愛らしい目が、ある日突然腫れたり目の下が赤茶けてしまっている。
そんな突然の出来事に慌てないよう原因と対処法をご紹介します。

1.目の周りが腫れているのはどんな病気?

目の周りの腫れにはいくつかの病気の疑いがあります。
主な原因はアレルギーや細菌等による感染症、外傷などがあります。放っておくと失明などの危険もありますので、異常を感じたら早めに動物病院に連れていきましょう。

目の周辺が赤く腫れて、脱毛もみられる

“眼瞼炎(がんけんえん)”が疑われます。この病気は何らかの原因でまぶたに炎症が起こり、腫れてしまい痛みを伴います。

目の下(頬のあたり)が腫れている

“歯周病”が疑われます。頬のあたりが腫れている場合は、化膿や炎症が悪化している可能性があります。
たまった膿が目の下の皮膚を突き破って出てくる場合があります。皮膚が破れてしまうと、手術が必要になることもあります。

目に異常がある

“緑内障”が疑われます。
目の中の水が溜まりすぎて眼圧があがる病気で、視野が欠けたり悪化した状態をいいます。
眼球が腫れて拡大した「牛眼」という状態になってしまうと、眼球の摘出以外の方法がありません。

2.目ヤニが出ているのはどんな時?

目ヤニは、専門的な知識がなくても、異常に気付きやすい症状です。
目やにの出る量が少しであれば特に問題はないのですが、目に何か異常が起きた場合に、涙がたくさん出たり、膿のような目ヤニがドロドロと出てくる事があります。
目やにの色によって状態が違っています。

3.赤茶けているのはどんな時?

目頭の毛が赤茶に変色したりしている場合があります。
この病気を“涙やけ”といいます。程度には個体差があり、目の下や口の周りまで変色してしまう犬もいます。
この病気は結膜炎などで涙量が多くなって起きる事もあります。犬がこすってしまったりすると炎症や皮膚病となってしまう場合もあるので、注意が必要です。

4.それぞれの対処法とは?

目の病気には様々な物がありましたが、これは日頃のケアで予防したり気付いてあげることができます。
【目のお手入れの方法】


気を付ける事は力づくで拭かない事です。
眼球が傷ついてしまったり、目の中に異物が入ってしまう可能性があります。
アルコール入りの物や水で溶ける紙なども使わないでください。薬局やわんちゃん用品を扱うお店に行くと、目の周り専用のウェットシートなども販売されています。

異常を感じたら早めに動物病院へ
日頃のケアを行いながら、トイプードルを観察し異常を感じたら早めに動物病院へ行きましょう。

まとめ

トイプードルなどの顔回りの毛が長い犬種は、毛が目に入りやすく目のトラブルが起こりやすいです。
また、涙目のわんちゃんやおめめが飛び出しているようなタイプのわんちゃんも注意が必要です。
目の周りのケアや、毛が長い場合はトリミングを施すなど出来る範囲の予防策をとっていきましょう。