愛犬のトイプードルの目が腫れている。これって目の病気?

愛犬トイプードルのつぶらな可愛らしい目が、ある日突然腫れたり目の下が赤茶けてしまっていたら、心配になってしまいますよね。
犬の目の病気は、自然治癒で治るものから、早急な治療が必要なものまであります。
まずは獣医さんに診てもらうのが一番ですが、ここでは、よく犬がかかる目の異常と考えうる病気について解説します。

1.目の周りが腫れているのはどんな病気?


目の周りの腫れにはいくつかの病気の疑いがあります。
主な原因はアレルギーや細菌等による感染症、外傷などがあります。
放っておくと失明などの危険もありますので、異常を感じたら早めに動物病院に連れていきましょう。

(1)目の周辺が赤く腫れて、脱毛もみられる

【可能性:1】眼瞼炎(がんけんえん)
この病気は何らかの原因でまぶたに炎症が起こり、腫れてしまい痛みを伴います。
早めに獣医さんの診察を受けさせてあげてください。
犬の眼瞼炎は患部が化膿することもあります。
眼瞼に表れている症状を放置してしまうことのないようにしてあげましょう。

【可能性:2】目に傷がついた
もし片目の周りだけが脱毛しているのならば、傷がついてしまった可能性があります。
痒くて掻いたときに傷がついてハゲてしまっているのかもしれません。
爪が尖っていると更に傷つけてしまう可能性があります。
爪のチェックをして、目の晴れが傷が酷いようであれば動物病院に行きましょう。

【可能性:3】涙やけ
目の周りがいつも涙で濡れていたら、涙やけを起こしている時に毛が抜けてしまう事も考えられます。
涙やけの原因を探し改善してあげましょう。
例えば逆さまつげであれば外科的な手術をする事もありますし、目の周りの毛や、まつげのカットをするだけでも変わります。
涙鼻管がつまって涙やけを起こしている事もあります。
涙鼻管が詰まっている時には添加物の多い食事を無添加に変えただけで治ったというケースもあります。
今与えているフードの見直しも検討してみましょう。

【可能性:4】アレルギー
アレルギーの症状で目の周りが赤くなり、脱毛するもあります。
通常は目や口の周りが赤くなったりしますが、体質によって目の周り(皮膚が弱い為)の毛が抜ける事もあるのです。

アレルギーの原因は食べ物や草葉、ほこりや食器の金属など、可能性は多岐にわたります。
いつもと違う場所へ散歩へ行ったなど環境が変わっていないのであれば食べ物を疑う事が一番の近道です。
病院で血液検査によって何のアレルギーを持っているかを調べる事も出来ます。
アレルギーは人間が花粉症に突然なるのと同じように、今までは平気でも突然発症する事があります。
愛犬は飼い主さんが与えたフードしか食べる事は出来ません。
食後の様子などがおかしいようでしたら食べ物アレルギーや、食器の素材などを疑ってみるといいでしょう。

(2)目の下が腫れている

【可能性:1】歯周病
頬のあたりが腫れている場合は
、歯の化膿や炎症が悪化している可能性があります。
歯茎にたまった膿が目の下の皮膚を突き破って目に異常が出てくるおとがあります。
皮膚が破れてしまうと、手術が必要になることもあるのですぐに動物病院につれていきましょう。

【可能性:2】副鼻腔炎
目やにが出て、腫れが目の下にまで及ぶことがあります。
くしゃみ、黄色い鼻水、口を開けて苦しそうな呼吸をしていたら副鼻腔炎が考えられます。
投薬治療する必要があるので動物病院につれていきましょう。

(3)まぶたが腫れる

【可能性:1】麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
人間で言う「ものもらい」です。
まぶたが腫れ、目やに・涙が出て、痒みの伴うイボの様なものができます。
抗生物質で治療する必要があるので動物病院につれていきましょう。

2.目やにが出ているのはどんな時?

目やには、専門的な知識がなくても、異常に気付きやすい症状です。
目やにの出る量が少しであれば特に問題はないのですが、目に何か異常が起きた場合に、涙がたくさん出たり、膿のような目ヤニがドロドロと出てくる時は病気の可能性があります。


3.目やに・目の中の小さなごみの取り除き方

目の病気には獣医師さんによる治療が必要なものがたくさんあります。
一方で、「軽く目やにが出ているな」「ちょっと小さなゴミが入っている」ということに飼い主さんが気づき、ケアをしてあげられたら、目の病気の予防にもなります。
お家でもできる、目のお手入れの方法をご紹介します。


ポイントは力づくで拭かない事です。
眼球が傷ついてしまったり、目の中に異物が入ってしまう可能性があります。
アルコール入りの薬剤や、水で溶ける紙なども使わないでください。
薬局やわんちゃん用品を扱うお店に行くと、目の周り専用のウェットシートなども販売されています。

4.緑内障のおそれがある場合は早急に動物病院へ

目の病気でもっとも恐ろしいのは、緑内障です。
下記の症状がみられたら早急に動物病院に連れて行きましょう。

・白目が充血する
・目を痛がる
・眩しそうにする
・瞳孔が開く
・まぶたが痙攣する


目の中の水が溜まりすぎて眼圧があがる病気で、視野が欠けたり悪化した状態をいいます。
緑内障は激しい痛みを伴い、処置が遅れると失明する病気です。
眼球が腫れて拡大した「牛眼」という状態になってしまうと、眼球の摘出以外の方法がありません。

まとめ

トイプードルなどの顔回りの毛が長い犬種は、毛が目に入りやすく目のトラブルが起こりやすいです。
また、涙目のわんちゃんやおめめが飛び出しているようなタイプのわんちゃんも注意が必要です。
目の周りのケアや、毛が長い場合はトリミングを施すなど出来る範囲の予防策をとっていきましょう。
異常を感じたら早めに動物病院へ。
日頃のケアを行いながら、トイプードルを観察し異常を感じたら早めに動物病院へ行きましょう。