マルチーズの涙やけで顔が真っ赤、これって大丈夫?

・マルチーズとは

スパニエルから派生した犬の種類で、エリザベス一世の時代には数千ドルの価値があるという高級犬でした。絹糸状の毛は引きずるほど長く優美な姿をしています。体長が体高よりも長いので、全体的にその外観は細長いです。

3000年以上の歴史を有するほど非常に古い犬種で、別名「犬の貴族」と呼ばれています。また、マルチーズは猟犬や使役犬を小型化したものではなく、もともと愛玩犬として飼育されてきたという歴史があり、非常にまれな犬種なのです。ペットとしての歴史が3000年以上というのは驚きです。それだけマルチーズは人間と一緒に長く生きてきたのです。

・マルチーズの特徴

非常に利口で、落ち着きがあり、温厚で、活発で、遊び好きで、従順です。性格は知的で、快活で、優雅で、大胆で、小さい体にもかかわらず怖いもの知らずで、元気いっぱい陽気に振舞います。しかし、もともと陽気で明るい性格なのですが、神経質な面も持ち合わせています。

マルチーズテリアなどと呼ばれていただけあって、テリアのような気の強さもあります。子供との相性は良いですが、賢く神経質のため、不用意に子供からいたずらに可愛がられると、子供に対して牙をむいたりする傾向があるので注意が必要です。

基本的に明るく、温厚なのですが、どちらかというと飼い主さんにべったり甘えるという傾向があり、飼い主さん以外の人間には、馴れ馴れしくすることはあまりなく、時々吠えたりすることもあります。しかし、利口で、何よりも飼い主さんを大好きになりますので、良き家族の一員になってくれるでしょう。

 ・マルチーズの涙やけ(目やけ)

涙やけ(目やけ)とは、目の下の被毛が茶色く焼けたようになることを言います。

トイプードル、マルチーズ、シーズーなどに起きやすく、特に、白い被毛の犬種の場合は目立ってしまうということがあります。マルチーズの健康面でのケアとして大切な部位の1つです。重大な病気ではないのですが、マルチーズは頻繁に目やけ(涙やけ)の症状を起こしてしまい、見た目がとても痛々しくなるため、可哀相な状態に見えてしまいます。

飼い主さんとしてはできるだけ早く治療をしてあげましょう。

 ・目やけの原因と対策

原因は、バクテリアの繁殖や、涙管が詰まったり、食習慣などと言われています。

一般的に、涙は常に分泌され続けていますが、目から涙は溢れ出ることはありません。分泌された涙は「涙点」という場所に入って、涙管を通って鼻腔へ流れていくからです。

ところが、涙管が詰まってしまうと涙がうまく流れなくなってしまい、涙が溢れ出てきて、涙やけ(目やけ)が起こるのです。涙管が詰まる最も大きな原因は食べ物です。加熱処理された食べ物、例えばドライフード、ウェットフード、レトルト、クッキー、ジャーキーなどを食べていると、涙の成分がドロドロしてくるので、涙がうまく流れなくなってしまいます。

また、逆まつ毛や炎症が原因の場合、嫌な色の目やにが一緒に出てきます。

目やにがない場合は食生活を見直してみましょう。恐らく新しいフードを与え始めてから2ヶ月ぐらい経った頃には、すっかり涙やけ(目やけ)がなくなるでしょう。もちろんフードを変えてからも、涙やけ(目やけ)を拭いてちゃんとケアを続けていくと効果が上がるでしょう。

ぬるま湯で湿らせたガーゼで優しくふき取ってあげても良いでしょう。マルチーズの体質にあったフードをあげると改善したという報告がたくさんあります。涙やけ(目やけ)が気になるようであれば、
マルチーズの食事を見直してみることをおすすめします。あまりにも症状が改善しない場合は、獣医さんに相談してみましょう。