横浜市でしつけ相談ならこの動物病院で!

動物を飼ううえで、絶対に避けられないのが「しつけ」に関するトラブルです。
「小さい頃から噛み癖が治らない」「人見知りが激しく、すぐ吠えてしまう」「マーキング癖がひどい」など、しつけに関する悩みは尽きません。「どこに相談したらいいのか分からない!」という飼い主の方も多いのではないでしょうか。
今回は横浜市の動物病院のなかかから、通常の医療ケアに加え、「しつけ相談」に力を入れているクリニックをご紹介します。

横浜市でしつけ相談ならこの動物病院で!

1.センターきた動物病院

出典:https://petlife.asia/

〈住所〉神奈川県 横浜市都筑区 中川中央1-38-18

〈電話番号〉0066-9685-393175

 

診療時間
09:30 ~ 12:30 x
15:30 ~ 19:30 x x x
15:30 ~ 17:30 x x x x x x

休診日:月曜日

▼ストレスフリーな医療施設へ

出典:https://petlife.asia/

センターきた動物病院は横浜市営地下鉄センター北駅から徒歩3分、非常に通院しやすいエリアにあるクリニックです。
フェレットやウサギ、ハムスターなどの小動物の診療も受け付けており、ペットホテルをはじめとした二次的診療施設との連携も非常に強いため、動物たちそれぞれに合ったケアを行うことができます。また、白を基調とした清潔感のある院内は「動物たちのストレスを最小限に押さえる」ため、日の光がしっかり入る、開放的なつくりになっています。

▼電話・直接来院どちらでもOK気軽に相談できる窓口

出典:https://petlife.asia/

センターきた動物病院は「動物たちとその飼い主であるひととの信頼関係」を重要視しています。動物たちに真摯に向き合い診察するのと同じように、「飼い主の飼育に関する悩み・不安も払しょくする」ため、診察外の飼育関係の相談も受け付けています。
非常にアットホームな雰囲気で、飼い主が「気軽に相談しやすい」ように、常時電話・直接来院の2パターンの窓口を設けているのが特徴です。また、しつけが動物たちに合わないか否かをスタッフが動物の種類別の性格傾向や持病といった「専門的な観点」からアドバイスをしてくれるのも高ポイントです。


2.MOMOどうぶつ病院

出典:https://petlife.asia/

〈住所〉神奈川県 横浜市都筑区 仲町台1-8-9-202

〈電話番号〉0066-9685-351693

診療時間
09:00 ~ 12:00 x
16:00 ~ 19:00 x

休診日:月曜日

▼「なんでも話せるホームドクター」を目指てアットホームな雰囲気

出典:https://petlife.asia/

MOMOどうぶつ病院はブルーライン仲町台駅から徒歩1分、土日祝日も営業しているクリニックです。
動物たちの病院・白衣に対するストレスを軽減するため、ログハウス風の院内で白衣を着ないスタッフが、小動物から大型犬まで幅広くケアを行っています。また、障がいを持った動物たちの専門的なケア、歳をとった動物たちの老後ケアなども行っており、「一生涯頼れるクリニック」「なんでも話せるホームドクター」をモットーに営業しています。

▼ドッグトレーナーによる「効果的なしつけ」のアドバイス

出典:https://petlife.asia/

MOMOどうぶつ病院にはしつけに対して、専門的な観点から「動物目線」で考え、アドバイスする窓口が設けられています。事前の予約は必要なく、来院時に気軽にスタッフに相談し、診察の前後にすぐしつけ相談を一緒に利用できるようになっています。
また、ドッグトレーナーの資格を有したスタッフも在中しており、動物たち本人の性質をカウンセリングや診察によってチェックしながら、「悪い癖の改善方法」や「効果的なしつけ」について話し合うことができるという点が特徴的です。


3.横浜青葉どうぶつ病院

出典:https://petlife.asia/

〈住所〉神奈川県 横浜市都筑区 中川中央1-8-3プリムローズ1F

〈電話番号〉0066-9685-387044

 

診療時間
9:00 ~ 12:00 x x x
14:00 ~ 19:00 x x x
9:00 ~ 17:00 x x x x x x

診察時間を過ぎた場合でも獣医師が病院に在中の際は診察可能のため、一度お電話にてご相談ください。

▼高度な医療技術それぞれの動物たちに沿った細やかなケア

出典:https://petlife.asia/

横浜青葉どうぶつ病院は横浜市営地下鉄ブルーラインセンター北駅1番出口から徒歩2分のエリアに位置する、ペットホテルと併設したクリニックです。
このクリニックでは大きな診察台やひらけた診察室など大型犬にもやさしい施設であるほか、整形外科をはじめとする特殊手術にも対応した手術室や器具も完備しています。医療が発達し動物たちの高齢化が進み、病状やケアが多様化しつつあるなか、高度な医療技術と器具により、それぞれに寄り添った細やかなケアができます。

▼動物病院としての「視点」でしつけ初心者にもやさしい

出典:https://petlife.asia/

横浜青葉どうぶつ病院は、ペットトレーナーとしての視点からではなく、「動物病院独自の視点から」しつけに関するアドバイスを実施しています。
動物を飼いはじめたばかりの「しつけ初心者」のために、基礎的なトイレトレーニングの方法や散歩中の拾い食い防止などの基礎的なしつけの仕方から、動物たちの新生活による「ストレス」からくる悪癖の改善方法まで専門スタッフがアドバイスするといった形のサポートをしています。


4.ふれあいの丘動物病院

出典:https://petlife.asia/

〈住所〉神奈川県 横浜市都筑区 葛が谷14-1マリヴィレッジ101

〈電話番号〉0066-9685-399363

 

診療時間
09:00 ~ 12:00 x
15:00 ~ 19:00 x x x

休診日:水曜日

▼「爬虫類」もOK!幅広い動物たちへのケア

出典:https://petlife.asia/

ふれあいの丘動物病院はグリーンライン都筑ふれあいの丘駅から徒歩2分、ペットサロンやホテルと併設し、一時預かりも行っているクリニックです。診療対象は犬や猫などをはじめとしたペットとして一般的な哺乳類だけでなく、「爬虫類」も取り扱っています。
また、夜間診療も行っており、夜中の急患にも迅速に対応できるというのが大きな特徴だと言えるでしょう。また診療のほかにトリミングも行っているため、アレルギーについての相談窓口も設けられています。

▼予防指導の一環として飼い主ができるケア

出典:https://petlife.asia/

ふれあいの丘動物病院は病気・アレルギー等の「事前予防指導」に対して非常に力を入れており、動物たちが健康的な生活を送るために日常的にできるケアのアドバイスも積極的に行っています。その一環として取り入れられている「しつけ相談窓口」では、心身ともに動物たちが健やかに過ごせるように、「噛み癖の原因は何なのか?どうしつけるべきか?」など、スタッフが飼い主と共に「悪癖の原因の解明」「効果的なしつけ方法(飼い主ができる範囲での処置)」を考えていきます。


まとめ

横浜市の動物病院では、「診療の一環として」や、「動物たちと飼い主が良好な関係を形成するサポートとして」など、さまざまなスタイルでしつけ相談を実施しています。自分と飼育している動物に合ったスタイルを選択し、効果的な「しつけ」を行いましょう。