横浜市で往診ができる動物病院4選

横浜市で往診が可能な動物病院を特集します。飼い主さんが家庭の事情でペットの病院に行けないときに役に立つのが往診です。飼い主さんの事情だけでなく、ペットが動かせない状態であったり、大きすぎて運ぶことが困難だという場合など、往診が必要になることは多いです。ですが、横浜市で往診してくれる動物病院をすぐに探すことは難しいです。横浜市で往診が可能な動物病院をあらかじめ探すときにはまずはここをチェックしましょう。

横浜市で往診ができる動物病院4選

1.カトウ獣医科クリニック

出典:https://petlife.asia/

<住所>神奈川県 横浜市 港北区日吉本町1-4-26
<電話番号>0066-9685-377027
 

診療時間
9:00 ~ 12:00 x
15:00 ~ 19:00 x

▼1頭1頭に合わせた治療

出典:https://petlife.asia/

カトウ獣医科クリニックでは1つの病気に対しても画一的な治療法に限定せず、飼い主さんと一緒になって治療法を考えています。院長先生は多くの選択肢を提示し、その中から飼い主さんと一緒に最良の治療を行うのです。飼い主さんが納得できる治療法をその中から探していきます。また、愛犬に負担の少ない内視鏡や短期間で確実な血管の閉鎖を行えるリガシュアなど最新の医療を取り入れることで選択肢を増やすことも積極的に行っています。

▼土日祝日診療、往診可

出典:https://petlife.asia/

カトウ獣医科クリニックでは土日・祝日にも診療してもらえます。休みの日にしかペットを病院に連れていけないという方には大いに役に立ちます。また、飼い主さんが体調を崩していると、ペットを病院に連れていくことができなくなります。そんなときは往診をお願いするといいでしょう。カトウ獣医科クリニックでは往診もしてくれるので、もし飼い主さんがどうしても動けないのにペットが不調の場合などは、利用をおすすめします。ペットの不調は獣医師さんに判断してもらうのが良いでしょう。

2.新横浜動物医療センター

出典:https://petlife.asia/

<住所>神奈川県 横浜市港北区 篠原町2805
<電話番号>0066-9685-398064
 

診療時間
9:00 ~ 12:00 x
15:00 ~ 19:00 x

▼ペットのトータルケア

出典:https://petlife.asia/

新横浜動物医療センターではペットのトータルケアに力を入れています。ペットの様子がいつもと違うからと来院した頃には、既に病気になっているということもあり得ます。そうなる前に気がつけるように、トリミング施設やペットホテル施設を併設しています。トリマーが皮膚病を発見したり、ホテルで預かっているときに異変に獣医師が気付いたり、病気の早期発見につながることもあります。病気を治すためだけの病院ではなく、未然に防ぐために役立つことをトータルで力を入れています。

▼地元に根差した動物病院

出典:https://petlife.asia/

新横浜動物医療センターは地元に根差した動物病院を目指しています。これは院長先生が地元出身ということもあり、また長年地元の方々に親しまれてきたからです。
家庭の事情で来院できない飼い主さんのために、創業当時から往診を行っています。土日・祝日の診療受付や急患の受け入れも、同様に飼い主さんに少しでも来院してもらいやすくするためです。さらに来院後に待ち時間を少なくするためにペットごとに受け付け場所を変えて、少しでも来院のストレスを軽減する努力をしています。

3.ローレル動物病院

出典:https://petlife.asia/

<住所>神奈川県 横浜市西区 南浅間町30-1西横浜レジデンス1階
<電話番号>0066-9685-311566


診療時間
09:00 ~ 12:00 x
16:00 ~ 19:00 x

休診日:木曜日、第1・第3日曜日

▼動物に優しい医療

出典:https://petlife.asia/

ローレル動物病院では、近年は飼い主さんの意識が変わり、人間と同じような医療を求められていると考えています。そのため、動物に負担の少ない内視鏡を利用するなど、動物にやさしい医療を実践しています。内視鏡は消化管腫瘍検査に役に立ち、動物が食べ物以外を食べてしまった時には開腹手術をしないで異物を安全に取り出せることがあるのです。ローレル動物病院では内視鏡の経験が豊富なため、通常よりも開腹手術にこだわらないで手術できます。

▼1頭ごとに合わせた治療

出典:https://petlife.asia/

ローレル動物病院では動物たち1頭1頭の状態を見極め、飼い主さんと必要な治療を決めていきます。治療には体への負担が少ない内視鏡や超音波検査装置などを活用します。また、麻酔事故を未然に防げるように、麻酔をしているときの状態を正確に把握できる麻酔モニターなども導入されています。さらに術後の動物を保護するICU装置なども導入しています。このような最新機器を使うことでペットそれぞれの状態に合わせた治療を行うことができるのです。

4.しおせ犬猫病院

出典:https://petlife.asia/

<住所>神奈川県 横浜市西区 浅間町4-340-6-101
<電話番号>0066-9685-393290


診療時間
09:00 ~ 12:00 x
16:00 ~ 19:00 x x x

▼心臓の診療ならおすすめ

出典:https://petlife.asia/

しおせ犬猫病院では心臓の診療に力を入れています。心臓病は徐々に進行していく病気です。早期発見できれば、進行を遅らせたり、症状を軽減させることも可能かもしれません。心臓の治療には飼い主さんの協力が必要不可欠です。ただ、心臓の治療と聞いて、どうすればいいかという判断がすぐできる飼い主さんは多くありません。院長先生は病気の原因や治療法を飼い主さんにきちんと理解していただくため、丁寧にわかりやすく説明することを心がけています。

▼手術は正確さ重視

出典:https://petlife.asia/

しおせ犬猫病院では緊急的な手術にも対応しています。手術では術後の動物の負担にならないように縫合する際の糸を残さない機器の導入などをしています。また、手術は麻酔を意識してスピードを重視されがちですが、重要な個所では正確さを重視しています。あくまで動物の安全を優先するためにスピ―ドよりも正確さを追求しています。また、術後には傷を早く癒す効果があるというICUも完備されているので、術後のケア体制も整っています。

まとめ

横浜市で往診可能な動物病院をご紹介いたしました。
どの病院も来院できないペットたちのために往診を行っているため、事情があって病院にペットを連れて行くことが難しい飼い主さんにとっては、大変心強いです。
ぜひ一度、ご相談されることをおすすめします。
それぞれの病院は往診以外でもさまざまな特徴があるため、病院選びの参考にしていただければ幸いです。