犬も膀胱炎になるの?かかりやすい犬種や対策について

人間の病気としてはよく知られている膀胱炎(ぼうこうえん)ですが、犬もかかるのはご存知でしょうか。
一度かかると再発しやすい病気であり十分注意する必要があります。
そこで膀胱炎について詳しくご紹介します。

1.膀胱炎になった場合どのような症状がでるの?

トイレの上のチワワ

  • ぐったりしている
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 水をたくさん飲む
  • おしっこの回数が増える
  • 排尿の時痛そうにする
  • 尿の色が濃い
  • 尿がピンク色に濁っている
  • 血尿が出る
  • 尿の臭いが強い

膀胱炎(ぼうこうえん)とは、尿道から細菌が入り、膀胱の粘膜に細菌が入り込むことで感染し、膀胱の中に炎症が起こる病気です。
膀胱炎になった場合の初期症状のひとつとして、水を大量に飲んだり、欲しがるようになることがあげられます。
また、トイレに行きたがるけれどもなかなか尿が出なかったり、出たとしても1回の量が極端に少ない、尿の色が濁っていたり血が混じっているなどの症状もみられます。
ひどくなるとぐったりして元気が出なかったり、食欲も落ちてしまいます。
膀胱炎は症状が悪化すると、尿路結石や腎盂炎などの病気につながる可能性もあるため、早期発見と早期治療が大切になります。
上記のような症状が見受けられたら早めに動物病院に連れて行きましょう。

2.膀胱炎の原因って?

眠る犬
  • 糖尿病
  • 加齢
  • おしっこを我慢し過ぎる
  • 細菌の感染(真菌・寄生虫)
  • 腫瘍や外傷
  • 膀胱結石のように尿中の結晶や結石ができている

膀胱炎の原因の中でもっとも多いのは細菌感染です。
特にブドウ球菌や大腸菌の感染が原因で膀胱炎を発症することが多いと考えられています。
メスは尿道が短く、散歩の時の排泄でお尻を地面にくっつけるので、そこから細菌に感染してしまうことが多いです。

またストレスや結石、腫瘍、外傷などが原因で膀胱炎を発症することもあります。

3.膀胱炎の診断方法

顕微鏡検査
  • 自然排尿・・・その名のとおり犬がいつも通りの方法で出したおしっこを提出する。
  • 尿道カテーテル・・・尿道にカテーテル(チューブ)を入れておしっこを採取する。
  • 膀胱穿刺(ぼうこうせんし)・・・膀胱に注射針を刺して尿を吸いとる方法。
検査のための採尿方法には上記のとおり三つあります。
おしっこを採って中に含まれる細菌を培養します。
最もストレスの少ない自然排尿がいい!と飼い主ならば思いますが、採尿の方法で細菌は大きく変動するそうです。

最も正確なのは膀胱穿刺ですが、何を選択するかは獣医師さんと相談して決めましょう。

4.膀胱炎の治療方法

シーズーとお薬と注射

  • 薬を2~3週間服用する

犬の膀胱炎を発症させる主な原因は細菌感染となります。
それが原因で膀胱炎を発症しているときには抗生物質を投与し、回復を待ちます。
また基礎疾患が原因で膀胱炎を発症している場合にはそれに対する治療を施します。

  • 基礎疾患の治療
膀胱炎が長期化してしまったり、いったん治った後にまた再発するような場合は、炎症を引き起こしている他の疾患の可能性が考慮されます。
結石、腫瘍、先天的異常がないかどうかを再検査し、結果に応じた治療が選択されます。

5.膀胱炎にかかりやすい犬種

コーギー
  • トイプードル
  • ミニチュアシュナウザー
  • ミニチュアダックス
  • シーズー
  • 柴犬
  • コーギー

膀胱炎にはメスと老犬が罹りやすいことは先述しましたが、犬種によっても膀胱炎にかかりやすい傾向があります。

一般に犬の膀胱炎は小型犬がなりやすいと言われており、中型犬はコーギーに限定されるようです。
小型犬は、口が小さく水を飲むときに少しずつしか飲めないため、結果水分不足になり、膀胱炎になりやすいと言われています。
上記の犬種を飼っている方は、愛犬の水分は足りているか、特に注意して気にかけてあげましょう。


6.膀胱炎の予防方法

ラブラドールレトリーバー

  • たくさん水を飲ませる
  • トイレを我慢させすぎない
  • 生活環境を清潔にする
  • 定期的に健康診断に行く

膀胱炎の予防は実はなかなか難しいものといわれています。
予防法の1つめにたくさん水を飲ませるということが挙げられます。
特に冬場になると、寒さから積極的に水を飲まなくなることから、膀胱炎になりやすいと言われています。
与える水が冷たすぎないか気を配りましょう。
それでも飲まない時は、エサを水でふやかして水分を摂取させるのも手です。

2つ目の予防法としては、トイレを我慢させすぎないことがあげられます。
我慢してしまうとそれがストレスとなり、膀胱炎につながることがあります。
室内犬はついつい我慢してしまうようですが、悪化すると尿閉塞という最悪の場合は死に至ることもある病気になってしまうので、きちんとおしっこさせてあげましょう。

3つめは、飼育環境の清潔さに気を付け、細菌を寄せ付けないことが大切です。
特にトイレやお気に入りのタオルや毛布などは、不衛生になりがちです。
こまめに掃除や洗濯を行い、エサやおやつも食べ残しがある場合には、すぐに取り除くようにしましょう。

また定期的に健康診断を受け、早期発見をし、早期治療につなげることも大切です。
犬の膀胱炎の予防や再発を防ぐためには、どんな病気の予防にもいえることですが、なによりも健康的な生活が大切です。
体の中に細菌が発生したとしても、もとからの抵抗力が備わっていれば、病気になることはありません。
栄養バランスのとれた食事、効果的な水分の摂取、適度な運動や睡眠を見直すことが予防につながります。

まとめ

いかがでしたか。
膀胱炎は痛みを伴う病気です。
そして一度なってしまうと繰り返してしまうことが多いので、まずは愛犬が膀胱炎にならないように生活を見直してみましょう。