犬の熱中症予防と応急処置!暑さ対策と気を付けるべき犬種

1.熱中症の予防方法

犬も人間と同じように、熱中症にかかります。対応が遅れると死に至るケースもあるので、飼い主が十分気を付けてあげることが大切です。


まず大切なのは、熱中症にならないようにしっかりと予防することです。室内外の場合、部屋を閉め切らないようにするのがポイント。必ず風の通り道を作るか、クーラーを使って温度と湿度を管理してあげましょう。

室外で飼っている場合は、暑い時期だけでも玄関先に避難させてあげるのがおすすめです。難しい場合は日よけを作ったり、風通しのいい場所を作るなどして対策を。


散歩中も注意が必要です。道路の照り返しが強い時間帯は散歩を避け、日が沈んでから散歩に行くようにしましょう。

 

2.熱中症になりやすい犬

熱中症にはかかりやすい犬がいます。


熱中症になりやすいと言われているのが、ゴールデンレトリバーやラブラドールといった大型犬です。小型犬に比べて体温が下がりにくいという特徴があるので注意が必要です。長距離の散歩に行く際は、必ずお水を持っていくようにしましょう。


シーズーやペキニーズ、フレンチブルドックといった鼻の低い犬も熱中症にかかりやすい犬種です。犬はパンディングによって体温を下げますが、鼻の低い犬は鼻の穴が小さかったり、喉の入り口が狭かったりすることが多く、息の通り道が狭く、放熱の効率が悪くなる傾向があるのです。

この他、呼吸器疾患や心臓疾患を持っている犬も熱中症にかかりやすくなります。

3.熱中症の症状

症状が初期の場合、体温が上昇し呼吸数と心拍数が増えます。ぼーっとしていたり、ずっと荒い呼吸をしている場合、熱中症にかかっている可能性が高くなります。

症状が重くなると、下痢や嘔吐、ふるえ、意識の喪失といったことが起こります。かなり危険な状態と言えるので、一刻も早く病院に連れて行きましょう。

4.熱中症の応急処置


熱中症が疑われる場合、犬を涼しい場所に移動し、水を飲ませます。体に水をかけ、扇風機やうちわで風を送ります。そうすることで気化熱によって体温を下げることができます。氷水やアイスノンは体の表面を冷やすことはできても、内側を冷やすことができないのでやめておきましょう。

 

5.夏場の暑さ対策


室内飼いの場合はクーラーを使うのが効果的です。ケージを使う場合は設置場所にも気を付けましょう。窓際は高温になりますし、クーラーの風が直接当たる場所は冷え過ぎの原因になります。

その他、水にぬらした犬用のシャツや、クールグッズも暑さ対策になります。