暑い夏から愛犬を守ろう!ネッククーラーやマットで暑さ対策!

1.犬は暑がり!


チワワやマルチーズなど体重が少なく毛の量も少ない犬は寒がりなことがあります。しかし、たいていの場合、基本的に犬は暑がりです。

人間は全身に汗腺があって、暑いとそこから汗を出し気化熱の放出によって体温を調節します。しかし、犬の汗腺は人間のように多くなく、足の裏や鼻先など少しの場所にしかありません。つまり汗をほとんどかかないのです。そのため発汗による体温の調節が苦手で暑さにはとくに弱いのです。

 

暑いとき、犬が舌を出してハァハァと激しい呼吸をすることがありますよね?それはパンティングと呼ばれる行動で、舌の唾液の気化により体温を下げているのです。人間にとって「少し暑いな」という程度の気温でも、犬にとってはパンティングが必要なほど暑いことがあります。それがつづくと熱中症になってしまう可能性もあるので、夏場はとくに注意してあげましょう。

 

暑さが苦手な犬種は、日本原産の和犬や北方系の犬、ヨーロッパで使役犬として繁殖されてきた犬などです。また、被毛が二重に生えているダブルコートの犬や、短頭種の犬(鼻が短い犬)も暑さが苦手な傾向が強いでしょう。

さらに、皮膚疾患やアレルギーを持っている子、肥満や心臓病を持つ子などは暑さで病状が悪化する可能性があり、暑くなると苦しそうにしていることが多々あります。犬種に限らずこういった犬たちにはとくに暑さ対策を気をつけてあげましょう。

暑さに弱い傾向がある代表的な犬種を以下に挙げてみました。あなたの愛犬が暑さに弱いなら、体調を崩さないよう対策をしてあげる必要があります。

  • 柴犬
  • 秋田県
  • 紀州犬
  • シベリアンハスキー
  • サモエド
  • アラスカンマラミュート
  • ゴールデンレトリバー
  • コーギー
  • シェパード
  • シェットランドシープドッグ
  • ブルドッグ
  • パグ
  • シーズーなど

2.アウトドア用暑さ対策グッズ

近年はキャンプや釣りなどのアウトドアが人気です。飼い主さんの中には、愛犬と一緒にレジャーを楽しもうと犬を車に乗せて遠くまで一緒に旅行する人も多いでしょう。

 

でも、ちょっと待ってください。もしも愛犬が暑さに弱いなら、対策を怠ると犬が熱中症になってしまい家族ともどもレジャーどころではなくなってしまう可能性があります。アウトドアに行くなら、愛犬が調子を崩さないよう万全の対策をとって出かけましょう。

また、犬をアウトドアや旅行へ連れていく場合には、決して車の中に置き去りにせず、また水分補給や休憩をこまめにとってあげるようにしましょう。また、病気やアレルギーで暑いときにはとくに体調を悪くしてしまう子の場合には、夏場無理に同行させない気遣いも必要です。犬の様子をよく見て、無理させないように配慮してあげることが大事です。そうすれば人間も楽しくレジャーを満喫できるでしょう。

○ネッククーラー


アウトドアを犬と一緒に楽しみたい飼い主さんにオススメなのは、犬用の「ネッククーラー」。人間と同様犬の首には大きな動脈が通っており、この部分を冷やすと体温を下げやすくなります。保冷剤を入れるタイプや水で濡らして使うタイプなど様々なものがペットショップやホームセンター、ネット通販で手に入れられます。

保冷剤を入れるタイプは長時間効果が持続して便利ですが、保冷剤を忘れると使えないというデメリットもあります。冷やして持っていくのを忘れないようにしましょう。また、水で濡らして使うタイプは、お出かけ先でも公園やキャンプ場の水道で濡らせば使えるので便利ですが、冷たさが持続する時間は保冷剤を入れるタイプより少短く、また長時間つけっぱなしにしていると衛生的によくない場合があるので注意が必要です。

○クールマット

車やテントの中に置いておくと便利なのが「クールマット」です。ジェルマットやアルミプレートが有名ですね。触れた瞬間に冷たく、効果がかなり長持ちするので、犬の行動範囲に置いておくと便利です。犬も「暑い」と思ったときに自ら選んで利用できるので嬉しいでしょう。

○ペットボトル、保冷剤

急なお出かけでクールマットがない場合は、空のペットボトルに水を8分目まで入れて凍らせたものを持って行き、暑そうなときに犬のそばに置いてあげるだけでも少し効果があります。また、同様に保冷剤をタオルなどでそばに置いてあげるのも周囲の温度を下げる効果があります。

 

3.室内用夏対策グッズ

○クーラー、扇風機、サーキュレーター

おうちの中での暑さ対策に一番便利なのは、やはりクーラーです。温度調節がこまめにでき、湿度も下げられるので飼い主さんが外出する間もかけておけば熱中症の心配が大幅に減ります。

 


クーラーがない場合には、扇風機やサーキュレーターで家の中の空気を循環させるだけでも大きな効果があるでしょう。扇風機やサーキュレーターの前に凍らせた水が入ったペットボトルを数本並べておくと、風が冷たくなって涼しさが増します。

ただし、クーラーの効かせすぎは体調を崩す原因にもなります。室内温度が22度前後になるようクーラーを設定し、温度を下げることよりも除湿を心がけることが重要です。部屋の湿度がだいたい50%くらいだと犬が快適にすごせます。

中にはクーラーや扇風機などの存在や音を怖がったり嫌がったりする犬もいます。そういった場合は無理をせず、涼しいマットや保冷剤などで涼しくしてあげるようにしましょう。

○冷たさを感じる素材を使ったベッドやマット

実は、犬は自由にさせておくと放っておいても床や窓辺など涼しい場所を自分で選び暑さをしのいでくれます。玄関や洗面所など、なぜこんな所にいるんだろうと思うような場所に犬がいるとき、そっとそばに居てみてください。きっとそこが家の中で一番涼しい場所だということがわかるでしょう。

 

ただし、最近の猛暑では家のどこにいても暑すぎる!という場合もありえます。そんな時には冷たさを感じる素材を寝床や普段よく過ごす場所に用意してあげると効果的です。

 

最近では、ホームセンターやペットショップなどあらゆる場所で触るとひんやりする素材が使われたグッズが売られています。ベッドやタオルを犬が普段過ごす場所に設置してあげると、犬が暑さを感じたときにそこへ行き体温を下げられるので便利です。

 

コットンやリネン、竹、畳などの自然素材は触れると少し冷たい感触があります。これらの素材は熱伝導率が高いので、体温調節が苦手な犬には人気です。ヒヤッとするアルミシートやジェルマットが苦手な犬にも受け入れてもらいやすい素材なので利用してみてはいかがでしょう。

ベッドやマット、ラグなどは季節によって、ウールやフリースなどの暖かい素材と涼しい素材とを入れ替えてあげると体調不良を起こしにくくなります。

○保冷剤、ペットボトル

アウトドアと同様、保冷剤などのひんやりグッズは室内でも暑さ対策にとても役立ちます。コストがクーラーなどよりかからないのも嬉しいですね。犬が嫌がらないようであれば、クールマットを寝床に敷いてあげると涼しいところで寝られると喜びます。また、保冷剤や凍らせたペットボトルをタオルに包んで、犬の近くにそっと置いてあげると周囲の温度が下がります。

 

まとめ

人間のように薄着をしたり自分でクーラーや扇風機をかけて暑さをしのぐことができない犬たち。そんな犬たちを熱中症から守るのは飼い主さんしかいません。

ご紹介したグッズを使うほか、窓をなるべく開けっぱなしにして風通しをよくしておくことや、犬が涼しい場所を選べるよう自由な行動範囲に配慮してあげること、さらに常に新鮮な水をたくさん用意してあげることも重要です。よしずやグリーンカーテン、オーニングなどで直射日光を遮ってあげるのもよいでしょう。愛犬が元気に快適に夏場を乗り切れるよう愛犬に合わせた対策をしてあげましょう。