危険!犬の「熱中症」の対策と予防法4つ!夏の暑さに注意すべき犬の特徴

1.犬の熱中症の症状

人間同様、犬も熱中症にかかります。蒸し暑い室内や締め切った車でのお留守番、厳しい暑さの中でのお散歩などは、熱中症を引き起こす可能性があります。犬の熱中症の症状としては、初期段階として、体がすごく熱くなり、パンティング(舌を出して唾液を蒸発させながら浅く早く呼吸することで、体温を下げようとする行動)が通常より早くなったり、ぐったりとして喘ぎながら涎を垂らしたり、目や口の中など粘膜の部分が充血し始めます。



酷くなってくると、呼びかけに応じなくなったり、痙攣や下痢、ふるえ、嘔吐を起こす場合もあります。更に酷くなると、酸欠で舌が紫色になります。血圧も下降して呼吸不全となり、手当てが遅れてしまうと死に至ることもあります。熱中症は、初期症状を見逃すとどんどん悪化し、獣医さんが助けられる確率も低くなります。熱中症の疑いがある時は、ためらわずにすぐさま動物病院へ連絡しましょう。

 

2.熱中症の予防方法

予防方法として、まず第一に、室内犬・室外犬共に、風通しが良いスペースを確保することが重要となります。室内犬の場合は、エアコンをつけて室温を25℃前後に保つようにしましょう。犬を残して出かけるときは、タイマー設定で途中で切れてしまったりしないか注意してください。室外犬の場合は、犬小屋の移動が可能であれば日陰に移動し、不可能な場合はサンシェードなどで日陰を作り、いつでも新鮮な水が飲めるようこまめに補給してあげてください。また、室内犬の場合も室外犬の場合も、アルミプレートやアイスジェルマットなどを利用しましょう。金銭的に余裕がない場合は、凍ったペットボトルを布に包んで枕にするのがおすすめです。


第二に、食事面でも気を付けてあげてください。水分の少ないドライフードを食べさせてあげている方が多いと思いますが、ドライフードの上に、水分を豊富に含んだレトルトフードをかけて食べさせてあげると、熱中症予防に一役買ってくれます。おやつも水分を含んだものにしましょう。

第三に、散歩は早朝や夜以外は控えましょう。夜などでも、地面の温度が下がっていない場合もあるため、触ってみて温度を確認してから散歩させるようにしてください。日中にやむなく犬と一緒に出かける際は、地面が相当熱くなっているので、小型犬・中型犬の場合はカートやキャリーバックを利用し、大型犬の場合は専用の靴を履かせるなどの対策をしてください。クール素材でできた衣服を着せるという手もあります。

第四に、車でお出かけの際は、犬を乗せる場所にも注意しましょう。犬を乗せている座席やラゲッジスペースに、クーラーの風がきちんと届くよう気を付けてください。また、直射日光が当たり続けないように、サンシェードで日陰を作ったり、アイスジェルマットを敷く、凍らせたペットボトルを一緒に置いてあげるなどしてください。そして、例えわずかな時間でも、犬だけを車内に残してはいけません。日陰に駐車していても、夏場の車内は相当暑くなっています。クーラーをつけたままにしておいても、エンジントラブルなどで止まってしまう危険性もあります。愛犬が熱中症にならないためにも、様々なことに注意して、出来る限りのことはしましょう。

 

3)熱中症に特に注意したい犬


犬と一括りに言っても、熱中症を起こしやすい犬種があります。例えば、パグやブルドックなどの短頭種(鼻の低い犬種)は、気道が複雑でスムーズな呼吸がしにくいために熱中症にかかりやすいです。他にも、セントバーナードやシベリアンハスキーのような北国出身で被毛が厚い犬種は生まれつき暑さに弱く、ゴールデンレトリーバーやラブラドール等の大型犬なども危険です。

また、犬種を問わず、子犬や老犬、療養中の犬、興奮しやすい性格の犬など、また特に肥満の犬は体内に熱がこもりやすく、かつ心臓にも負担がかかり気味な上に呼吸機能も低下しているために熱中症を起こしやすいので、上記に当てはまる犬を飼っていらっしゃる方は注意しましょう。

 

4)もしも熱中症になってしまったら

貴方の愛犬が、もしも熱中症になってしまったらどうすればよいのでしょうか。まずは、病院へ行く前に体を冷やすことが先決です。涼しい所へ移動させ、全身に人肌程度の温度の水をかけて扇風機の風を当ててあげましょう。水をかけるときの注意点なのですが、犬の毛は水をはじきやすいので、飼い主さんが毛を逆に撫でながら皮膚に直接水をかけてあげてください。



また、意識があって水を欲しがるようであれば、どんどん飲ませてあげてください。この時、スポーツドリンクなどがあれば、それを水で2倍くらいに割って飲ませてあげるのが効果的です。また、濡らしたタオルなどを頭部と動脈のある頸部、脇、そけい部に当てて冷やします。氷などで急激に冷やしてしまうと、心臓に負担がかかったり、体温を下げ過ぎてしまって危険な場合もありますので、注意してください。それらの処置ですぐ回復しても、安心してはいけません。内臓にダメージを受けている場合があるので、必ず獣医さんに連れて行ってください。

 

まとめ

いかがでしたか。犬は、寒さには強いですが暑さにはとても弱い生き物です。また、午前よりも午後や、暑い日と涼しい日を繰り返すような日があった時は、注意が必要です。特に初夏は、体が暑さに慣れていない時期なので、より低い温度で熱中症を発症しやすくなります。犬が限界としている体温は41度で、これを超えてしまうと熱中症にかかります。平均体温と限界体温の温度差は約23度しかないので、我々が思っている以上に熱中症にかかる確率は高いのです。そして、例え朝方や夜であっても、蒸し暑く湿度が高い日も危険です。



犬は呼吸によって唾液を蒸発させ、その気化熱を利用して体温調節をしています。そのため湿度が高いとそれが難しくなるのです。貴方が思っている以上に、犬は熱中症にかかる危険性を持っています。自分の愛犬は大丈夫、などと思わず、熱中症になってしまう前にしっかり予防策を講じましょう。大事な愛犬に何かあってからでは遅いのです。犬自身にはどうしようもできないので、飼い主である貴方が気を付けてあげてください。近年の夏はますます暑くなってきています。愛犬が夏を無事に乗り切れるよう、可能な限りの対策をしてください。