犬の夏バテ!解消法と手作りごはんで愛犬を元気に

1.犬の夏バテって?


わんちゃんは汗をほとんどかかないため身体の温度調節がうまくできません。そのうえ全身が毛で覆われているため暑さに弱いのが特徴です。夏の暑さでわんちゃんが体調を崩してしまうことを夏バテといいます。

なぜ夏バテするの?

室内犬の場合、夏場は冷房によって身体が冷えすぎるといったトラブルを引き起こします。人間にとって快適な温度でも元々体温が高いわんちゃんにとって冷房の風は冷たすぎる場合がほとんどです。身体が冷えると血行が悪くなるため内臓や胃腸が冷えて正常な機能を果たせなくなり夏バテになります。

わんちゃんが夏バテをするのは冷房が原因だけではありません。暑さに弱いわんちゃんは気温の変化に対抗するため身体が無理をしてしまうことが多く、そうなると疲れが蓄積して自立神経の乱れへと繋がり夏バテを引き起こす事態を招きます。

愛犬が夏バテかな?と思ったらどうすれば良い?

早めの対策が肝心です。気づくのが遅れたりそのうち治るだろうという考えから放っておくと症状を悪化させてしまいます。いつもとちょっと様子が違うなと思ったら早急に適切な処置を行いましょう。

2.夏バテの症状って?


夏バテは急激な症状の変化がみられないため飼い主さんや一緒に住んでいる家族に気づかれにくいというデメリットがあります。夏バテは数日から数週間かけて徐々に症状が表れるのが特徴です。

夏場に元気がなくなったり食欲もなくなったら夏バテと考えて良いでしょう。他には睡眠時間が増えたり歩くスピードが遅くなるといった症状を引き起こすことも。散歩のときにのろのろ歩くようだったら夏バテの可能性があります。真夏は夏バテと一緒に熱中症も併発しやすいので注意が必要です。

わんちゃんの夏バテはどうしても軽く見られがちですが、症状が重くなると下痢や嘔吐、軟便になってしまうことも。これは夏バテにより普段と同じ食生活を送れないために体調を崩してしまうことが原因で発症します。

3.夏バテ改善のためにできることとは


・水分補給

一番夏バテに効果的なのは水分補給です。夏バテしているわんちゃんは体力をひどく消耗しています。新鮮な水で身体を潤し元気を与えてあげることが大切です。いつでも新鮮な水を飲めるような環境にしておきましょう。

成犬であれば夏場は人間と同じくらいの水分補給が必要だといわれています。量にすると約15リットル。これだけの水を必要としなければいけないほど暑い環境下だと体力の消耗が激しいということです。

・ごはん

夏バテしてしまうと食欲が低下してごはんを食べなくなるわんちゃんがほとんどです。夏バテしているわんちゃんには水分量が豊富なウェットフードがおすすめなのでドライフードを与えていたらこちらに切り替えてみるのもひとつのやり方です。夏場のおやつとして水分補給にもなるトマトやきゅうり、スイカを与えるのも効果的。与えすぎると下痢になるので適度な量を守りましょう。

・温度調節

身体が冷えすぎても暑すぎても夏バテを引き起こしてしまうので適度な空調を保つことが重要です。夏場の冷房の設定温度は28度が理想的といわれています。冷房がないおうちでは日陰で風通しの良い部屋に扇風機を置いておくのがおすすめ。

・散歩

夏場の散歩は夏バテをしないような工夫が必要になります。昼間の散歩はやめて日が出る前の朝方や夕方の時間帯を選ぶようにしましょう。アスファルトの太陽の照り返しもわんちゃんの体力を奪うので日陰の道を歩くようにします。

4.水分と栄養補給はとても大切!


夏場特に気を付けたいのはやはり水分補給です。成犬の体重のおよそ6070%が水であるため、生きるために必要なのはもちろんのこと疲れた体を癒してくれるのも水です。

また、夏バテにならないようにするためには十分な栄養を摂取することを心がけなくてはいけません。もし夏バテになってしまった場合でも冷えからくる血行不良で弱った胃を早く回復させるためにも栄養摂取が一番です。毎日栄養バランスの良い食生活を続けると真夏でも体調を崩しにくく夏バテになっても早期回復が望めます。

5.夏場、特に気を付けてあげたいこととは


水分補給が何よりも大事だといっても積極的に水分をとらないわんちゃんも中にはいます。なので、飼い主さんが意識的に水分を摂取するようにしてあげることが大切になってきます。

無理やり水のみ場に連れて行くのは良くないので、息が荒かったり暑そうだなと感じたら水の入った容器をわんちゃんの目の前に置いてあげるようにしましょう。また、夏場は元気なわんちゃんでもいつ夏バテになるかわからないので常に胃腸を労わった食生活を心がけるようにすることが大切です。

消化に良いとされるフードやおやつがホームセンターなどで購入することができます。添加物が入ったものは身体に良くないので、夏場だけでも無添加のものを選んであげると良いでしょう。

6.季節のものに目を向けよう

その時期旬の食材は栄養がたっぷり詰まったスーパーフードです。市販のフードは加工されているため素材の栄養をすべて摂取することはできないですが、季節の食材を使った手作りフードは栄養をまるごと摂取できるので非常におすすめです。積極的に取り入れれば夏バテを解消するだけでなく予防することにも繋がります。
基本的に、犬は雑食に近いので人間が食べる食材は食べることができますが、中には犬に食べさせると中毒などを起こす危険のある食材もあります。また、食事を手作りする際は、味付けは行わずに
素材のまま与えるようにしましょう。