どうやる?マルチーズの洗い方

1.シャンプーの前に


最初に行うのはブラッシング。ブラッシングを行って、できてしまった毛玉をほどいてあげましょう。ブラッシングを行うと、乾かす作業がラクになります。

温度を確認

お湯の温度を確認しておきましょう。冷たかったり、熱すぎるとびっくりしてしまいます。おおよそ35度~37度程度が良いでしょう。手で触ってみると、ちょっとぬるめの温度です。

体を濡らそう

後ろ足からおしり、と心臓から遠い部分から濡らしていきます。しっかりお湯をかけて、全身が濡れるようにしてください。お腹の部分や毛の多い部分は、念入りに。手にお湯をためて、ポンポン叩くようにすると、行きわたります。毛の表面だけを濡らすのではなく、皮膚の部分までしっかり濡らしてください。

とっても大切な肛門絞り

肛門のあたりを触ってみると、コロコロしたものが左右にあります。これが肛門腺と呼ばれるものです。肛門を中心に見て、4時と8時の位置にあります。親指と人差し指をつかって、下から上につまむようにしながら優しく押し出しましょう。出ないからといって、強く押したり何度もやるのは良くありません。ちょっと臭いが強いのですが、マルチーズは自分で排出することができない場合が多いので、フォローしてあげる必要があるのです。うまくできない場合は、獣医やトリマーにコツを教えてもらうと良いでしょう。 

2.いよいよシャンプー


シャンプーは、3倍程度に薄めて背中にゆっくりかけましょう。体を洗うときは、爪を立てず指の腹をつかって優しく行ってください。全体を洗ったら、次は汚れが付きやすい部分。足やおしりは重点的に洗ってください。シャンプーが足りなかったら継ぎたして構いません。

顔周りも目ヤニなどが付着しやすいので、丁寧に洗ってあげましょう。*写真はトイプードルちゃんです*

すすぎはしっかりと

シャンプーを洗い流すときは、頭から下に向かって行います。泡が目に入ってしまったら、シャワーを後方からかけるようにして、しっかり洗い流してあげましょう。直接シャワーを目に当てないように気を付けてください。

すすぎ残しのないよう、しっかり泡を流しましょう。シャンプーが肌に残っていると、皮膚炎の原因になります。 

タオルドライも忘れずに

ドライヤーで乾かす前に、タオルでしっかり水気をふき取ってください。ここでしっかりふき取ってあげると、早く乾かすことができます。

ドライヤーで乾かそう

ドライヤーで乾かしていきます。皮膚の部分も忘れずに乾かしましょう。ドライヤーを近づけすぎると、やけどなどの危険があるので気を付けてください。半乾きでやめずに、しっかり乾かすことが大切です。