トイプードルのリードはどう選ぶ?リードごとの特徴をご紹介します。

ちょこまかと元気なトイプードルは一緒に歩いていると幸せですね。
そんなお散歩を更に楽しいものにするために、リードにはこだわりたいものです。

1.リードはどんな種類があるの?

トイプードルをはじめ、小型犬に使うリードは大きく分けて3種類あります。
どの種類も紐の片方は飼い主が持つようになっており、もう一方をナスカンで愛犬の首輪と接続するようになっています。

①スタンダードリード


一般的なリードと呼ばれるものです。
短いものでは50cmくらいで長いものでも180cmほどです。
素材はナイロン、皮、布などのひもでできている物や丈夫な金属の鎖のものもあります。
首輪とセットで販売されることも多く、デザインを統一できるのも良点です。

②ロングリード(トレーニングリード)

引用:http://amzn.asia/

普段使用するスタンダードリードをより長くしたものです。
5~10m程度で、長いものは20mもあるので、走り回るのが好きなトイプードルにぴったりです。
ロングリードなら遠くまで走らせることができるので、ディスクなどのスポーツを楽しむ際に重宝します。

③フレキシブル・リトラクタブルリード(伸縮性リード)

引用:http://amzn.asia/

近年人気がある、伸縮性のリードです。
3m~8mのものがあり、飼い主の手元のボタン一つでリードの長さを調整できるので、人混みでは短く、広いところでは長くするといった使い分けができ、ある程度自由に走り回れるという利点があります。

しかししつけのできていない元気なトイプードルなどの場合は、急な走り出しや飛び出しの原因にもなりますので「まて」や「こい(おいで)」の練習が必要です。

2.リードの選び方は?

リードというのは飼い主と愛犬をつなぐ大切なアイテムです。
不適切な扱いで命を落とすこともありますので、愛犬の体格や性格に合わせて選ぶ必要があります。

    • 重さ
軽量のものを選んであげましょう。トイプードルのような小型犬の場合は重たい鎖タイプのものは向きません。
軽い素材で飼い主にも愛犬にも負担がかからないようにしましょう。


最近では、「パラコード犬用リード」というリードが、軽くて丈夫という理由で人気が高いそうです。
(パラコード:パラシュートの傘と人をつなぐロープ部分)
    • 長さ

お散歩
お散歩用の場合、1.2m~1.4m(120cm~140cm)あたりがおすすめです。

ただ、愛犬の性格やお散歩する環境によって必要な長さは様々でしょう。
走り回ることが大好きですぐに飛び出してしまう子や、車・自転車が多く通る道の場合はあまり長いものだと危険です。
リードを短く持って飼い主から離れないようにする必要があるので、長さが調整できる伸縮リードや短めで丈夫な素材のリードがいいでしょう。

トイプードルは大変賢い犬種ですから、リーダーウォークなどもよく覚えてくれます。
きちんとしつけができていれば多少長めのリードや伸縮リードを長めにするなどもいいですね。


ドッグラン・広場
ドッグランなどの、広くて自転車や車のない場所であれば、長さのあるロングリードや、フレキシブルリトラクタブルリードを伸ばして使用して良いでしょう。
ただ、他の犬とトラブルがおきてしまうこともあるため、まてやおいでといった基本的なしつけを習得している必要があります。

また、札幌市ではリードの長さは2mまでといった条例があるなど、地域によっては長さの制限がある場合がありますので注意しましょう。
    • デザイン

リードは人目に付きやすいものですから、首輪とデザインを合わせたり、その日の天気や気分によって使い分けるのも楽しいものです。
リードや首輪はいつ切れてしまうかわからないものなので、常に予備のものを用意しておくことも大切かもしれません。

▼合わせて読みたい、おすすめの記事
トイプードルには、ハーネスと首輪はどっちがおすすめ?
トイプードルに散歩は必要?散歩する時の注意点とは?