マルチーズが外耳炎になったらどうすれば?症状から治療法まで

1.犬の耳についてのアレコレ


犬の聴力は人間の約3倍となっていて、人が聞き取れない小さな音も聞こえ、広範囲にわたり音をキャッチする優れた聴覚をもっています。人間は16方向の音を聞き分けることができるといわれていますが、犬はその倍の32方向の音を聞き分けることができるとされています。

また、2万ヘルツまでの音しか聞こえない人間には、超音波と呼ばれる2万ヘルツ以上の音を聞き取ることはできません。しかし犬は5万ヘルツ前後の音が聞こえるため、超音波をも聞き取ることができます。どうしてこれだけの聴力があるのかというと、犬の祖先であるオオカミは、狩りの際に小動物の高い鳴き声を聞き取る必要があったからだとされています。

その反面低い音は苦手で、人間では20ヘルツの音を聞き取れますが、犬は40ヘルツまでしか聞き取ることができません。また、花火や雷のような大きな音が苦手で怯えることもあります。花火大会の音に驚いて逃げ出す犬や、雷雨の中、雷が怖くてパニックになり吠え続けたり、家の隅で縮こまるといった犬の話もよく耳にします。怯える場合は大きな音に慣らすという対策が必要となります。パニックになった場合は、飼い主さんがしっかりとした態度で接してあげ、布やブランケットでくるんであげるなどして抱っこすることで落ち着くでしょう。

 

2.マルチーズの外耳炎にはこんな症状が


外耳炎は耳穴の外にできた炎症のことで、べとべとしたニオイのある耳垢が出てきます。症状にはかゆみや痛みがあるため、前足や後ろ足で耳を掻くような仕草をしきりに繰り返したり、頭を振ったりする仕草をみせます。外耳炎は悪化すると中耳炎や内耳炎となってしまう恐れもあるので、早めの適切な処置が必要です。また、炎症が慢性化することで、外耳道が塞がれてしまうこともあります。

外耳炎を引き起こす原因はたくさんあります。細菌や、真菌と呼ばれるカビが耳垢に繁殖することで発症したりするケースや、耳ヒゼンダニと呼ばれる03mm04mmほどの大きさのダニが寄生することでも発症します。他にもアトピー性皮膚炎や脂漏症という全身に起こる皮膚病に伴って発症するという可能性もあります。他にも腫瘍ができたり異物が入ったせいで外耳道がせまくなることで炎症になる恐れもある病気です。

 

3.マルチーズの外耳炎の治療方法

耳の洗浄をすることで、外耳炎の症状を改善することができます。ただし原因となっている根本の病気を治療することが特に大切ですので、原因となった病気の治療を同時におこないます。

細菌や真菌が原因の場合は、抗生物質や抗真菌剤を使って治療を施します。耳ヒゼンダニが寄生している場合は、耳の洗浄をおこない耳垢を取り除いた後に、駆除剤を投与することでダニを死滅させます。アトピー性皮膚炎や脂漏症が原因の場合は、その病気に合った治療をおこなうことで改善します。

外耳炎は慢性化しやすい病気とされています。治療後、再発することがないよう普段から耳の観察をするなどして予防していきましょう。

 

4.この病気も合わせて覚えておきたい、内耳炎

内耳炎は耳穴の奥にできた炎症のことをいいます。症状には、ヨロヨロとうまく歩けない、転倒してしまうといった歩行障害が起こることがある病気です。炎症が起こった方向へ傾いたり回ったりするような仕草もみられ、眼球が左右に揺れたりするといった症状もあるのが特徴です。比較的、中高齢の犬に起こる可能性が高く、慢性の外耳炎や歯に疾患のある犬が発症するケースが多いです。

内耳そのものに異変が起きた場合や、細菌やウイルスなどによる感染症、外耳炎や中耳炎が悪化することが原因で起こる恐れがある病気です。