夏本番が来る前に!やっておきたい愛犬の免疫力アップ法!

1.今年は過去最高の猛暑かも!そんな時こそ免疫力アップをしよう

 
年々、真夏の気温が上昇し続ける日本。特にここ数年は猛暑が猛威をふるい、夏場は大変だった記憶が強い方も多いはず。私たち人間がつらいということは、愛犬たちも同じくつらいはず。むしろ、私たちよりもつらい思いをしているのです。なぜなら、冬毛から変わっていく分涼しくなったとはいえ、毛皮のコートを着ているようなもので、体内に熱はこもりがち。


そして、全身汗腺があるため排熱効率が高い私たち人間に比べて、犬たちは汗腺が足の裏だけという効率の悪さ。体内に熱がたまりやすい構造でいる犬たちは、夏が苦手なのです。

私たち人間は、夏場に夏カゼや体調を崩したりしますが、犬たちも一緒。特に夏バテにかかると風邪や体調不良を引き起こしやすくなります。この夏バテを避けるためには、免疫力を向上させるのが一番。免疫力とは、日々身体の中で発生する悪玉菌や病原菌、果てはガン細胞と毎日戦い続けることで、私たちの日々の健康を保っているもの。もし免疫力が低下すれば、風邪や疾患、最悪の場合ガンにかかってしまいます。そうならないためにも免疫力アップが必須となるのです。

夏場に体調を崩して辛い季節にならないためにも、愛犬の免疫力をアップさせて、一緒に夏を健やかに乗り切りましょう!

2.おすすめの免疫力アップ方法ご紹介

 

免疫力アップと一口に言っても、実はそこまで難しいことではありません。日々の生活習慣と食事をちょっと見直すだけで簡単に実践できるものなんです。しかし、これは飼い主さんと一丸になって行わなければならないこと。ひょっとしたら、自堕落な生活を送っていて、耳の痛い飼い主さんもいらっしゃるかも…?

免疫力アップ方法は大きく分けて、食事・運動・睡眠が3本柱となります。夜遅くまで作業を行っていたり、夜更かしをして電気がついていたりすることは、ワンちゃんにとってもストレスのもと。また、運動不足も食事のバランスや食欲不振も夏バテの原因になります。こういった悪い癖をひとつずつ解決していきましょう。

また、これらは、夏場の体調不良や疾患から逃れるためだけでなく、一年を通して頑丈な身体を作ることができるので、夏が終わっても引き続き行ってもらうと非常に良いです。また、飼い主さんの身体にも良いので、ぜひ一緒に取り組みましょう。

【食事】について

 

夏場はどうしても食欲不振に陥りやすいもの。これを防止する手だてとしては、日々の食事を観察することにあります。食べる量が落ちていないか、また食べるスピードはいつも通りか、などをちょっとで良いので毎日つぶさに観察しておいてください。少しでも食欲が落ちてきたなと感じたら、危険信号です。

そうなった場合、対策としては人間と同じで食欲を促す食べ物を少し加えましょう。犬でいえば、ビタミンC・ビタミンAがそれにあたります。ほうれん草やニンジン、かぼちゃ・ブロッコリー・小松菜といった野菜類をゆでてつぶしてフードにまぶしたり、レバーなどを焼いて小さく刻んで与えると良いでしょう。食欲が落ちてきたときでなくても、夏場は与えるようにするだけでも変わってきます。

また、水分も意識して与えるようにしてください。夏場は特に水分が不足しがちで、これによってうまく熱が発散できずに、食欲不振、ひいては夏バテになることも往々にしてあります。水分を与えると代謝が向上して、身体の中の水分が快適に巡るようになり、排泄もスムーズになるため、より健やかな身体へと改善することができます。

水に、豆乳や無糖のヨーグルト、ヤクルトなど乳酸菌飲料を少し垂らすのも良いでしょう。腸のはたらきをスムーズにする乳酸菌を摂取することで、消化器官がさほど優れていない犬の、消化を助けることができます。ただし、糖分の過剰摂取にも注意するようにしてください。

【運動】について

 

免疫力をアップさせる上で、適度な運動も欠かせません。その際気をつけたいのは気温です。当然ながら暑いのが苦手なワンちゃんにとって、昼間の散歩は地獄です。もちろん、われわれも辛いですよね。

そこで、おすすめなのが気温が下がっている早朝の散歩。お忙しい方はなかなか難しいかもしれませんが、早い時間だと太陽ものぼっておらず、日中よりも5℃以上低くなっているため、ひんやりしていてワンちゃんの負担にもなりません。しっかり運動することによって代謝がアップ、食欲もきちんと出るようになりますよ。もちろん、飼い主さん自身にも良い効果が出るので、できれば毎日継続させるようにしてください。

冷える時間帯といえば夜でも良いですが、女性の方は特に危険なので、できれば朝方のほうが賢明です。

【睡眠】について


犬の生活サイクルは、人間の24時間スタイルと比べて短く、7時間周期です。人間の生活に合わせて起きてばかりいたり、反対に睡眠ばかりとっているとストレスが溜まり寿命を縮めてしまいます。

犬の7時間生活に気を配ってやることで犬は生活をしやすくなり、ゆったりとして眠ることができ、免疫力を向上させることができます。一日を三分割して考えると、午前6時からお昼の12時、昼1時から夕方17時、そして午後8時から朝方5時までをサイクルとして考えて、食事・運動・睡眠をとれるように環境を整理してやるとより快適になりますよ。

睡眠時間は散歩やご飯のあとにゆっくり休憩をとれるようにして、あまり構い過ぎないようにする、日中は遊び時間をとったり、できれば散歩は朝晩に一回ずつとったりすることで、きちんとしたサイクルを作ってあげることができます。自然とそういったペースが作れている人が多いとは思いますが、そういったことを意識して免疫力アップにつなげてあげましょう。

まとめ

 
厳しい夏を乗り切る免疫力をアップさせるには、日々の生活習慣・食事を見直すことから。7時間で区切られる犬のサイクルを意識することが大切です。最初は少し大変かもしれませんが、すぐに慣れてきます。ワンちゃんと一緒に見直すことで、飼い主さんも健康になっていくのでおすすめですよ。つらい夏場を健やかに乗り切るために、一緒に頑張りましょう!