トイプードルの里親探しにすぐれたサイト5選!里親になる際の注意点は?


毎年10万頭以上の犬や猫が殺処分されているといわれています。
それを食い止めようと、ネット上にはさまざまな里親募集サイトがあります。
今回は人気の里親掲示板と注意点についてまとめました。

1.人気の里親掲示板をご紹介!


(1)ペットのおうち

ぺっとのおうち

最大手のペットの里親掲示板サイト「ペットのおうち」は、2011年のサイト開設から現時点で66,000件以上の里親取引が成立しています。
全国で事情により飼えなくなったトイプードルなどの犬はもちろん、魚や爬虫類などの里親も募集中です。
多くのトイプードルは非法人の保護ボランティアによって保護され、しばらくの間ケアされてきた犬ばかりです。
年齢や去勢・ワクチン状況、その犬の今までの事情などが詳細に載っています。

(2)ペットのいのち


ペットのいのち

それから「ペットの命」も「ペットのおうち」と同時期に開設された犬と猫のみの募集サイトで、迷い犬情報も掲載しています。
また「ジャパンネットワーク」はペットだけでなく人探しや仲間探しもある掲示板です。
ペット掲示板では里親募集以外にも迷い犬情報やペット相談も受け付け、コミュニティーの場としても役立っています。

(3)ジモティー

ジモティー

地元で取引できることが強みの「ジモティー」でも、里親募集広告を掲載しています。
広告件数は多くないものの、飼い主が止むを得ない事情で手放すということが伝わってくるサイトです。
基本的に飼い主との直接取引なので、里親側にしっかりとした責任感が芽生えそうです。

(4)dogoo.com


dogoo.com

犬の里親募集、飼主探しの掲示板です。無償で犬を譲渡する情報のみ掲載しています。
新しい里親と飼主をつなぐサイトです。
保健所、ブリーダー、一般家庭より、様々な事情で飼えなくなり保護されたペットの情報が頻繁に掲載されています。
登録・利用はすべて無料0円です。

(5)NPO法人 日本レスキュー協会





日本レスキュー協会


認定NPO法人として国からの認定を受けている機関です。
捨て猫の保護など動物福祉災害救助活動のほか、セラピードッグの育成・派遣や捨て犬・愛護活動も行っています。
タイミングにもよりますが、トイプードルの里親の募集もたびたび掲載されています。

2.里親になる前に確認することは?


里親になるということは「命を預かる」ということです。
自分で確認できることは事前にチェックしておきましょう。
例えば金銭面。
飼いはじめだけでも、マイクロチップの登録や、ワクチン代などの医療費、ゲージやトイレシートなどの生活必需品の購入費を合わせると、総額で5~6万円ほどかかります。
また、去勢手術を行う場合、オスの去勢手術(入院なし)で、2~3万円程度、メスの避妊手術(1泊入院)で、3~5万円程度、上記にプラスしてかかってきます。
その後も年に一度の予防接種や健康診断、トイプードルならば毎月のトリミングサロンのカット代もかかります。
後になって、こんなにかかるとは…とならないよう費用は事前にしっかり把握しておきましょう。





最後に


インターネットの里親募集掲示板などを利用する場合、相手が保護団体などではなく、個人であるということも珍しくありません。
その際、元の飼い主さんとの「言った・言わない」という意見の齟齬や、金銭的なトラブルになることがあります。
特にお金の受け渡しが生じるときは、犬の受け渡しと同時に実際に会って行うことをおススメします。
気持ちよくやりとりするためにも、誓約書を交わすのも有効でしょう。

一人でも多くの飼い主様が、トイプードルのパートナーになれることをいのっています。