トイプードルの毛の特徴ご紹介!トイプードルは抜け毛が少ない犬種なの?

トイプードルはモフモフの可愛らしい毛が特徴的でトリミングも自由に行うことができるので、非常に人気がある犬種です。その毛の状態を維持するためにも、トイプードルの毛の特徴やトリミング方法を把握しておく必要があります。今回は、トイプードルの毛の特徴やトリミング方法をについてご紹介していきます。

1.トイプードルの抜け毛についての基礎知識

トイプードルは抜け毛が少なめ

トイプードルは抜け毛が少ないことで有名ですが、それは毛に特徴があるからです。トイプードルの毛は硬い巻き毛が密集した状態で集まっています。そのため、毛が抜けても巻き毛が落ちるのを防いでくれるというわけです。 したがって、トイプードルを飼育している家庭では床に抜け毛がほとんど落ちていません。

トイプードルはシングルコートのわんちゃん

トイプードルの毛はシングルコートと呼ばれるタイプです。シングルコートはアンダーコート(下毛)が発達しているため、オーバーコート(上毛)がほとんどない状態を言いますが、ダブルコートとの違いを明確にするために、「1層の毛で覆われている状態」という表現が使われます。基本的には暖かいところで改良された犬種にシングルコートが多くみられます。
暖かいところで改良されたシングルコートのトイプードルは寒さに弱いという特徴があります。冬の時期には家の中をきちんとあたためてあげましょう。
>>寒がりのトイプードルのための寒さ対策はこちら

換毛期について

人間と同じように、トイプードルの毛にも成長期、退行期、休止期といったサイクルがあります。わんちゃんの場合は、さらに換毛期があります。換毛期は春と秋の2回が主で、いわゆる夏毛と冬毛の入れ替えのことを指します。ダブルコートのわんちゃんの場合、この換毛期にはごっそりと毛が抜けますが、トイプードルのようなシングルコートのワンちゃんの場合は、抜ける量は少ないです。とはいえ、他の季節に比べると多くなりますので、ブラッシングをきちんとする必要があります。

2.ブラッシングは欠かさないで!


トイプードルの毛はクルクルとした巻き毛のため、毛が絡まりやすく毛玉ができやすいので、なるべく毎日ブラッシングをしてあげることが大切です。ブラッシングは被毛のケアとして以外にも皮膚病の予防やマッサージ効果もあります。ブラッシングは成犬になってしまうと嫌がることもあります。子犬のうちからブラッシングに慣らすことが大切なので、なるべく定期的に行いましょう。抜け毛が少ないから大丈夫なんて放っておくと毛玉だらけになってしまいますよ。
>>効果的なブラッシング方法はこちらをご参照ください

3.トイプードルにはトリミングが大切

トイプードルの毛の特徴やその対策は上記になりますが、それを知るだけではまだ不十分です。適切なトリミングをすることもトイプードルを飼う上で大切なことです。それというのも、トイプードルの毛も人間の髪の毛のように放置しておくとどんどんのびていきます。しかも、特徴的なクルクルの毛はからまりやすく、毛玉ができてしまうことも。毛玉だらけなんて可哀そうですよね、そうならない為にも、こまめにトリミングをしてあげる必要があるのです。カット方法にはいろいろなものがありますが、最近流行しているカットはテディベアカットです。

テディベアカットはお顔周りの毛を丸くカットし、クマのぬいぐるみのように仕上げるスタイルです。モフモフな被毛のトイプードルにぴったりな可愛らしいカットですね。もうひとつご紹介しておくとカットはラムクリップです。

顔や足などにバリカンを入れるプードルの伝統的なスタイルです。特に、高齢になったトイプードルにはラムクリップスタイルはおすすめです。顔やマズルの毛をバリカンで短くカットするため、口周りを清潔に保つことが簡単になります。また、足の毛もしっかりと刈り込むことで、滑りにくくなったり、お散歩後の足洗いも簡単に行えます。トリミングは時間がかかるとわんちゃんにストレスがかかります。また、毛が長いままでいると不衛生になってしまうこともあり、抵抗力が下がってくる高齢のトイプードルには、見た目の可愛さに加え、生活しやすいスタイルという部分も考慮してあげたいですね。
飼っているトイプードルにふさわしいトリミングをしてあげましょう。自分でできない場合はペット美容院に連れて行ってオーダーをすることをおすすめします。メニューもいろいろあります。

>>自分でトリミングをするための3つのポイントとは?

まとめ

トイプードルは、毛が抜けにくい犬種です。そのため、定期的なブラッシングとトリミングが必要になります。 ブラッシングは子犬のうちからしてあげましょう!