確認してる?毎日のうんちで愛犬の体調管理をしよう!

1.毎日のうんちチェックは病気を突き止める有力な手掛かりになるかも!


うんちは犬の健康状態を表すバロメーターです。愛犬のうんちを片付ける際に、色や形状などの「いつもの状態」を確認しておきましょう。なんとなく見るだけでも十分です。うんちの回数も重要なチェックポイントです。愛犬のうんちが「いつもと違う」ことに気づくことができるだけで、愛犬の病気の早期発見、早期治療につながるので、『毎日のうんちチェック』を習慣にしておくことが大切です。

 

2.色んなうんちがあるの知ってた?

うんちには様々な色や形があります。

健康な便はバナナのような形をしていて、つかめる程度の硬さがあるのが理想です。

下痢の状態のうんちには、軟便、泥状便、水様便の3種類があります。軟便は柔らかく、つまむと崩れる状態。泥状便は粘りのある泥のような状態。水様便は茶色い液体のような状態です。

うんちに赤い部分が混ざっている場合は、血便や粘血便の状態です。うんちの表面が赤くなっているのが血便で、ゼリーのような粘液であれば粘血便です。黒いタール状のうんちが出た場合は、黒色便の状態です。

 

3.うんちの何をチェックすればいいの?


病気によってうんちに表れる症状は異なります。毎日、愛犬のうんちを片付ける際に、色や形状などをチェックし、いつもの健康な状態のうんちの色や形を把握しておくことが大切です。

まずはうんちの形状をチェックします。いつもの健康な状態のうんちより柔らかいうんちが続く場合は、病気の可能性があります。硬い場合は、飲水量が少ない可能性があります。硬い状態から便秘になることもあります。

特に注意が必要なのは下痢状態のうんちです。下痢状態には、軟便から始まり、病気の悪化によって水分が多い泥状便や水様便に代わるケースと、急に泥状便や水様便が出るケースがあります。

次に、うんちの色もチェックします。赤い部分が混ざった血便や粘血便は重い病気の症状として現れる場合が多いです。血便は大腸の後半から肛門にかけての出血が考えられ、粘血便は小腸から大腸の前半にかけて出血している可能性があります。

黒い色の黒色便が出た場合は要注意です。血液は時間がたつほど黒くなるため、消化器系の前半である食道や胃などから出血している恐れがあります。炎症や悪性腫瘍の可能性が疑われます。

うんちの色や形をチェックして、愛犬の健康状態に異変を感じた場合は、すぐに動物病院で獣医師の診察を受けることが大切です。

また、うんちの回数もチェックが必要です。健康な成犬であれば、一日のうんちの回数は13回です。うんちが出ない日が続いた場合は、愛犬の健康状態をチェックしてあげましょう。便秘以外に異変の症状がない場合は、食べたものが原因かもしれません。その場合は一時的な症状ですが、時には便秘から病気が見つかることもあります。骨盤、肛門、生殖器の周辺はトラブルが起こりやすいので、うんちが出ないときは愛犬の状態を確認してあげましょう。

 

4.愛犬のうんちチェックで健康の管理するアプリがあります!


毎日のうんちチェックが重要とはいっても、自分で愛犬の健康状態を判断するのは不安という人も少なくないでしょう。

最近では2015年からiOSAndroid向けに、うんちから犬の健康管理をサポートするアプリ『ウンドッグ』がリリースされています。

毎日のうんちの形や色、量、匂い、回数などの項目で愛犬の健康を評価、管理できる獣医師監修のアプリです。

愛犬の健康状態をチェックできるのはもちろん、家族間で情報を共有できるメリットもあり、飼い主にお勧めのアプリです。

 

まとめ

うんちは愛犬の体内の異変を知らせる重要な手がかりになるので、気づいた時に記録をしておくと安心です。愛犬の健康状態の異変には飼い主が早く気づいてあげることが大切です。スマホでうんちを撮影しておくのもよいでしょう。

現在では愛犬の健康管理をサポートしてくれる便利なうんちチェックアプリもあります。

自分に合った方法で、大切な愛犬の健康のためにも『毎日のうんちチェック』を習慣にしましょう。