愛犬と一緒にドッグランデビューをしよう!

1.ドッグランとは?



最近ワンちゃんたちがリードなしで自由に遊びまわれるスペースである『ドッグラン』がある公園が増えています。
ドッグランにはワンちゃんたちが走れるような十分な広さと、遊べるような遊具などが設置されています。
ドッグランを使用する際のルールを守れば、どんなワンちゃんでも遊べる空間となっています。
2.ドッグランで注意すること

(1)基本的なしつけを覚えてから利用する

「おいで」「待て」「だめ」などの最低限のしつけができるようにならなければいけません。
広い場所で愛犬が興奮してしまい、他のワンちゃんに迷惑をかけてしまったらり、ケガをさせてしまうこともあるかもしれません。
飼い主が「名前を呼んだら戻ってくる」「待て」ができることは、安全を確保するための必要となってくるのです。

(2)他のワンちゃんに慣れさせておく


ドッグランには様々な犬種のワンちゃんが遊びに来ます。
その時に、びっくりして暴れてしまったりすると他のワンちゃんに迷惑をかけてしまいますし、トラブルの元になります。
日頃からお散歩に行って他のワンちゃんと交流したり、ドッグカフェにおでかけに行ったりして慣れさせておきましょう。
犬の幼稚園をやっている施設に預けるのも一つの手です。
より多くのお友達をつくり、大型犬にも慣れさせていおくといいですね。

(3)ヒート期間(発情中)のメスのワンちゃんは遊ばせない

ヒート期間中のメスのわんちゃんがいると、周りのオスのワンちゃんが反応してしまい、トラブルや混乱の元になります。
多くのワンちゃんが集まるドッグランに行くのは避けましょう。

(4)他の犬と交流する場合は、飼い主さんに一声かける

ドッグランにはたくさんのワンちゃんが遊んでいます。
愛犬も他の子とお友達になることもあるでしょう。
「犬同士のことだから・・・」と何も言わず交流させるのではなく、きちんと相手の飼い主さんに挨拶をしてから交流させましょう。
トラブルを防ぐだけではなく、飼い主同士も友好な関係になれます。

(5)施設内で食事をさせない
ドッグラン内では、トラブルのもとになるので食事をさせるはさけましょう。
ご褒美のおやつ程度でしたら大丈夫ですが、中には食物アレルギーのある子もいるかもしれません。
むやみに他のワンちゃんに餌づけしないように注意しましょう。

3.持ち物

(1)ビニール袋・ペットボトル


うんちをした時に使うビニール袋。
おしっこの後にかける用のお水を持参しましょう。
いつも散歩で使っているもので大丈夫です。

(2)リード


ドッグランはリードフリーなのに?と疑問に思うかもしれませんが、リードフリーなのは公園の中の一部の決められたスペースです。
ドッグランの敷地に行くまでは当然リードが必要になります。
また、ドッグランに慣れていないワンちゃんは最初はお散歩のようにリードをつけて、様子を見ながら外すとよいでしょう。

(3)注射済票

ドッグランを利用する際は、必ず予防接種を済ませる必要があります。
場所によっては、各市区町村からもらう「注射済票」のチェックを求められることもありますので、必ず持っていきましょう。

まとめ

広い場所で思いっきり走るのは、愛犬のストレス解消や健康のためにもいいことです。
ルールを守って楽しくドッグランを利用しましょう。