犬用ドリンクで愛犬の熱中症対策をしよう

1.今年は特にわんちゃんの熱中症に注意が必要かも??


わんちゃんも熱中症にかかることがあることを知っていましたか?

暑すぎたり水分補給をこまめに行わないでいると、人間でも体温をコントロールできなくなって熱中症にかかってしまうように、わんちゃんも過激な運動や肥満、暑い車内で放置されたり、わんちゃんの被毛が黒いことなど、小さなことがきっかけで熱中症にかかってしまうことがあります。

特に最近は毎年夏場の平均気温が上昇する傾向が見られているので、今年の夏は去年よりも猛暑になることが予想されています。暑くなればなるほど熱中症にかかる可能性が高まるので、今年の夏はこれまで以上にわんちゃんが熱中症にかからないように注意する必要があります。

2.嬉しい成分が!


そこで、わんちゃんが熱中症にならないためには水分補給やミネラル摂取が重要です。

熱中症にかかってしまう理由は、体から水分やミネラル、電解質が不足してしまうからなのです。でも、人が熱中症予防に摂取するものを、やみくもにわんちゃんに与えてしまっては、かえって害になってしまうこともあるので、わんちゃんにあった成分が含まれたものを与えましょう。


わんちゃんやねこちゃんなどの動物用の経口補水液やイオン飲料があります。これにはナトリウム、カリウム、ブドウ糖などの成分が含まれていて、これらは熱中症で失われた水分とともにミネラルも補給できるすぐれものです。そして成分は人間が熱中症の時に飲む経口補水液やイオン飲料と似ていますが、動物用に成分が調整されているので安心して与えることができます。

3.水分補給に気を配ろう


普段から出来る、わんちゃんが熱中症にかからないようにするための効果的予防法のひとつが水分補給です。わんちゃんの体は肉球にしか汗腺がなく、体は被毛で覆われていて、体温の調節はもっぱら呼吸で行われているので、人間が思っている以上に体温が体にこもりやすいのです。だからこそ、熱中症にかからないようこまめに水分補給をさせてあげましょう。特に、夏場はお水を用意しても暑さでぬるくなってしまうので、頻繁に冷たい水に変えてあげたり、保冷剤付きの水飲みボウルを用意してあげたりする工夫をすることでわんちゃんも水を飲みやすくなります。

万が一、脱水の症状がみられる場合は、動物用の経口補水液やイオン飲料を与えましょう。動物用が無い場合は、人間用のいわゆるスポーツドリンクを1.5~2倍に薄めたものでも大丈夫です。
それがなければ水1リットルに3g程度の塩、40g程度の砂糖もしくははちみつを入れたものを飲ませてあげたりしてケアしてあげましょう。

 熱中症だと思われる症状が出ている場合は、とにかく体を冷やし、すぐに動物病院に連れて行ってください!