マルチーズのトリミングを自宅でやってみよう!

1.マルチーズの毛の特徴は?

 

マルチーズの毛質

マルチーズの毛はとてももつれやすくできています。また、人間と同じように、放置すれば伸びっぱなしになってしまいます。定期的にしっかりとブラッシングをしてあげることが大切。また、プードルと交配させて色素を改善させようとしたマルチーズの子だと、被毛が縮れていたりすることもあるので、注意が必要です。

マルチーズの毛色の特徴

一番望ましいマルチーズの毛色は、「白」。犬の世界で「白」といっても多種多様ですが、マルチーズに求められるのは「純白」です。ですから、耳の先から尾の先端まで、全てが純白の色だとベスト。他の色が混ざってしまうのは、あまり好ましくないのです。

2.トリミングの際に用意するもの・注意点は?

用意するもの一覧(全てペット用のものです)

はさみ

梳きバサミ

コーム

バリカン

はさみを使う時の注意点

はさみは、なるべく下側部分の刃を当てて、上の刃を親指で動かしながらカットしていくようにします。特に顔周りは、神経を集中させましょう。刃の先を顔へ向けないようにして、カットしていくことが大切です。もしも目の中に、はさみの刃が入ってしまったら大変ですから。

また、いきなりハサミで切り始めるのではなく、事前にブラッシングに慣れさせておくことも、トリミングを上手に行うポイントでもあります。

3.ブラッシングを嫌がる時は?

ブラッシングを嫌がってマルチーズが暴れたりしても、ブラッシングの手を止めてはいけません。嫌がればブラッシングが終わると学習してしまい、同時に、自分のほうが身分が上だと認識してしまいます。一度ブラッシングをはじめたら、最後までやるようにしましょう。また、「ワイアヘア」タイプ(ミニチュアシュナウザーやスコティッシュテリアなど)の、ごわごわした毛質に近いマルチーズの場合は、ブラッシングの前に「マッサージパット」を使用してあげるとスムーズでしょう。

4.自分でトリミングしてみよう!


足の裏・肛門周りのカット

大小二種類のバリカンとハサミを用意しましょう。大きいタイプはホームセンターなどで簡単に購入できますが、小さいタイプは店頭で見つけにくいので、ネットで探して購入しましょう。「ペンシル型バリカン」とキーワード検索すれば、出てくると思います。

足裏のカットとしては、肉球からはみ出していて、歩く時に邪魔となっている毛をカットします。足が地面に着いた時、足先が丸くなるように整えると良いでしょう。次に肛門の周りですが、汚れがつきやすく、毛がからまりやすい部分でもあるので、念入りにカットしてあげることが大切です。

全身のカット

使用するものは、

  • バリカン
  • はさみ
  • 梳きバサミ
  • クシ
  • ブラシ

です。ハサミである程度短くしたのちに、バリカンを使うようにしましょう。バリカンだけだと、毛が絡まってしまいます。クシは逆毛に入れて、クシからはみ出した部分の毛をハサミでカットします。その時、ザクザクと切っていきましょう。不慣れた人だと、毛並みがガタガタになってしまうかもしれません。

なお、初めてワンちゃんの毛をカットする時は、誤って出血させてしまう可能性もあります。止血剤などをあらかじめ用意しておくと、安心ですよ。

 

6.初心者の方は梳きバサミを使おう!


梳きバサミは、場所を適宜変えながらハサミを入れていくだけなので、初心者でも簡単にできます。また、梳くことによって、風通しもよくなるので蒸し暑さを軽減させてあげることもできます。ただし、同じ場所を何度もやってしまうと、そこだけ変に短くなってしまうので要注意です。まずは背中の毛から試してみて、慣れてきたら、見た目で大事になる飾り毛の部分にハサミを入れていくようにしましょう。