マルチーズをブラッシングしてあげよう!

ブラッシングの方法

ブラッシングのやり方を説明します。ブラッシングは犬の毛の種類によって方法が異なってきます。マルチーズは長毛種というものに属していますので、これにあった方法でブラッシングしていきましょう。マルチーズのシルクのようなふわふわの毛を綺麗に保つためには、毎日のお世話はとても大切です。長毛種の毛は「スリッカー」や「ピンブラシ」という道具を使って丁寧にとかします。マルチーズのように細くて絡まりやすい毛は、毛玉がすぐにできてしまいます。毛玉ができてしまった時は毛先の方から少しずつ順番にといていくのですが、奥の方は特に絡まりやすく、大きな毛玉が見つかりやすいです。毛を両手でかき分けた後、毛の流れに沿って奥の方の毛玉を少しずつとかし、頑固な毛玉をほどいていきます。その後にコームで仕上げをすると美しい毛並みになります。特に気をつけてブラッシングしたい場所は、脇の下やお腹、後ろの足まわり、耳の後ろや顔まわりです。毛が擦れる場所なので毛玉がとてもできやすい場所です。 さて、ここで道具の説明です。「スリッカー」は、曲がった細い針金のようなものがついているT字型のようなブラシです。細いブラシなので、抜け毛や毛玉を効果的に取り除くことができます。次に「ピンブラシ」です。毛先が丸くなっている優しいブラシです。被毛や皮膚を傷つけることなくブラッシングすることができる道具です。

注意する点

ここで、注意する点をあげていきます。もしも毛玉ができてしまったら、スリッカーで少しずつ丁寧にほぐすことが大切です。スリッカーは先が尖った針金のようなブラシです。無理やりとかそうとすると、皮膚に当たったり皮膚が引っ張られたりして、ワンちゃんはとても痛がります。決して無理に引っ張らないように気をつけてください。もしも、どうしてもほぐれないくらいに大きな毛玉になってしまっていたら、その部分をハサミやバリカンでそっと切ります。ハサミやバリカンを使う時は、事前に切れ味をチェックしてください。切れない道具を使用するとワンちゃんに怪我をさせてしまうかもしれないからです。自分で対処できないくらい大きな毛玉になってしまったら、トリミングサロンに連れていってあげましょう。プロの道具と技術で、美しい毛を保つことができます。大きな毛玉になるまで放置しないように、毎日ワンちゃんと触れ合い丁寧なブラッシングを毎日してあげるように心がけていきましょう。