犬に服は必要?マルチーズに服を着せる4つのメリット

街に出るとかわいい服を着たマルチーズを多く目にしますね。
「犬には毛があるのだから、服を着せるなんて人間のエゴよね?」
そんな風に思う方も中にはいるかもしれませんが、実は犬にも人にもメリットが沢山あるのです。
今回は、マルチーズに服を着せるメリットを解説します。

1.マルチーズに服を着せるメリット

(1)抜け毛の飛散を防ぐ



犬の服は、カフェや公共施設において毛を落とさないための、周囲へのマナーです。

マルチーズは換毛期がないので、毛があまり抜けない犬種ですが、周囲の人が必ずしもそれを知っているわけではありません。

カフェなどに行くときは、むやみに毛が周囲に落ちないため、そして防臭への配慮として服を着せる必要があります。
盲導犬や介助犬が服を着ているのは、こういった理由からです。

食事をする場では、エチケットとして着せましょう。

(2)白い被毛をキープできる

マルチーズ2匹
マルチーズは純白で美しい被毛を持っています。
その反面、落ち葉や土が絡んでしまうと、汚れがとても目立ってしまいますよね。
そういった汚れを防ぐことができます。

また、雨の日はレインコートを着れば濡れずにお散歩でき、
散歩の後のお手入れがかなり楽になるので一石二鳥ですね。
水や泥をはじく素材など、機能性にすぐれた服をもっておくと便利でしょう。

(3)病気治療・予防のため


アレルギーやアトピーなどで皮膚の弱い子は特に服を着せた方がよいでしょう。
服を着ることで、塗った薬や患部を舐めないようにできます。
また、公園ではかぶれやすい草花も生えていますし、マダニも生息しています。
少しでもそういった危険から身を守るために着せてあげるとよいでしょう。

(4)寒さ暑さから守ることができる


マルチーズは体温調節が苦手で、暑さにも寒さにも弱いです。
暑い夏には直射日光を防ぐ為に、足元の冷える寒い冬には全身の温度が外に逃げない為に服を着させましょう。 


決して「おしゃれの為」に服を用意する訳ではない事を忘れないでください。

ここを履き違えると、快適さを求める服を選ぶコツがずれて来ます。
更に言うなれば、犬の体質によって同じ犬種でもタイプは異なります。
寒さに強いマルチーズも当然います。
外出時、又は自宅でブルブル震えているようなら服を着せる、ケースバイケースで必要か否かを判断する事がポイントです。
温かい室内で服を着せていると、暑過ぎるかも知れませんよね?
犬は話す事が出来ません、一緒に過ごす中で、今寒そうだな、快適な気温で気持ちいいんだな、などと飼い主側が状況や体調を汲み取って対処する事が大切です。

2.服を着せるデメリット

(1)慣れないとストレスになる

服を着るということは自然の摂理に反することなので、犬にとっては基本的に迷惑なことだと認識しましょう
慣れていない子に無理やり着せると服が嫌いになったり、ストレスになったりします。

服を慣れさせるのもしつけだと思って、袖のない着せやすい服から慣らす、服を着るときにおやつをあげるなど徐々に慣れさせる努力が必要です。
また、中には服を着ることはできても、服を着ると動きにくい違和感が不快だと思う犬もいます

そういった子の場合は飼い主さんの判断で服を脱がせてあげてください。
無理に着せると嫌な記憶が残り、今後一切服を受け付けてくれなくなることもあります。

服の素材によっても着た感覚が変わるので、その子に合った物を選んであげるというのも重要です。

(2)服を噛みちぎって食べてしまう危険性

装飾品の多い服は誤食につながることがありますので、飼い主さんの監視下で着せるようにしてください。 華美な服は、飼い主さんの監視下で着せるようにしましょう

(3)毛玉になる

服を着せると生地と被毛が擦れて毛玉になりやすいため、服を脱がせた後のケアもしっかりと行いましょう。
静電気予防のスプレーを服を脱いだあとにかけてあげたり、もつれをとるためのブラッシングも重要です。

3.服を購入する際のポイント

(1)季節に合わせて素材を選ぶ


「体温調整の為の服」つまり愛犬にとっては、見た目は実はどうでもよいのです。

愛するペットをおしゃれに可愛く見せたい!と思うのは飼い主の気持ち(思い)であって、愛犬はおしゃれ感を望んではいません。
それよりは生地の良い、通気性に優れた動き易い服の方が嬉しいでしょう。 

(2)サイズが合った服を選ぶ



犬の服選びにおいて、愛犬の正しいサイズを把握することが何よりも大事です。
愛犬を上の図の様に立たせたら、メジャーで計ってみましょう。
肌に沿ってピッタリ採寸せずに、指が一本入るくらいのゆるさで計りましょう。


・首周り
首の中間あたり、のど仏(のど骨)のやや下あたりを測ります。

首輪を買う場合は、この位置がベストですが、犬服の場合は、それよりもう少し下の首の付け根付近をぐるっと1周させて測ります。

・背丈(着丈)
首輪をつける部分から、しっぽの付け根まで背骨に沿って測ります。

・胴回り
前足の付け根まわりの一番太い部分(胸のいちばん大きい部分)を測ります。
被毛を伸ばしている子は、被毛がメジャーでふんわりとつぶれる程度のゆるさがあって大丈夫です。
ここのサイズが合わないと着れないのでしっかり計りましょう。

採寸の方法はこちらの記事をご覧ください
マルチーズの服選びに失敗しないための3つのポイント

まとめ

飼い主さんとしてはかわいいものを着せたい気持ちも山々だと思いますが、大切なのは愛犬の着心地と動きやすさです。
サイズが小さすぎて動きの妨げになるのは嫌ですし、大きすぎると脱げてしまって危ないことがあります。
遊びに行く場所や季節によってお洋服を変えてあげましょう。