マルチーズの冬の寒さ対策

1.寒さに弱いマルチーズ

犬の平熱は、小型犬で約38.6度から39.2度、大型犬では約37.5度から38.6度くらいあります。人間の平熱よりも高めですし、被毛に覆われているので、一般的には寒さに強い動物と言われています。 しかし、犬の種類によって被毛のタイプもさまざまで、比較的寒さに強い犬種と、そうではない犬種があります。年齢によっても違いがあり、特に子犬や年を取った老犬には、防寒対策が重要となってきます。また、病気に罹っていたり、体調がすぐれないときにも注意が必要です。 犬の被毛ですが、上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重毛(ダブルコート)になっているものと、上毛だけで下毛が少ない単毛(シングルコート)の2種類に分類されます。綿毛のような下毛を持つ犬種は、寒さには比較的強いと言えるでしょう。 また、寒さに強いか弱いかは、その犬の原産国からも推測できます。寒い気候の国が原産だと寒さに強く、逆に暖かい国が原産国だと寒さには弱い傾向があります。 犬の体格も関わっていて、大型犬は小型犬に比べると、寒さに強いです。マルチーズは小型犬で、下毛の少ないシングルコートです。そして原産国は温暖なマルタ島なので、寒さには弱い犬種ですから、防寒対策は大切です。

2.防寒対策を始める目安

防寒対策を始めるにあたって、目安となるものを挙げます。

犬が震えている場合

体温が下がり始めると、身体はそれに対する防御反応から、筋肉を動かして体温を上昇させようとします。震えることによって筋肉を動かし、冷えた身体を温めようとしているのです。震えているのは身体が冷えてしまっているからなので、防寒対策が必要です。

あまり動かなくなった

人間と同じように、犬も寒さを感じると動きたがらなくなります。丸まった姿勢を保ち、身体から温度が奪われるのを防ぐためです。 活発だった飼い犬が、急に遊びに興味を示さなくなったり、普段は散歩が大好きなのに、行きたがらなくなるなどの変化があったら、体温が下がっていたり、犬が寒さを感じていることの目安ととらえ、防寒対策を始めましょう。

3.防寒対策の具体的な方法

普段飼い犬と共に過ごす部屋の中は、冬ともなればエアコンなどの暖房器具で暖められていることと思います。しかし、人間にとっては快適に過ごせる温度であっても、犬にとってはそうではない場合もあります。犬は人間よりも常に床に近い場所で暮らしています。特にマルチーズは小型犬なのでなおさらです。暖房器具で暖められた空気は上昇するので、人間には暖かく感じる部屋でも、犬が過ごしている床に近い場所は気温が低く、寒い可能性があります。空気を撹拌させるなどの工夫をして、室内全体の温度を一定にし、床に近い場所も暖かく保てるように気をつけてください。 犬が過ごすケージにも工夫が必要です。壁に直接つけて設置せず、間にダンボールなどを挟むようにして、冷たい壁から距離を取り、暖かさを保てるようにしましょう。床にはフリースや毛布などの敷物を置くのもいいでしょう。夜間など、特に寒くなるときには、上から毛布などをかけて防寒するのも効果があります。最近では犬用のヒーターも出ているので、そのような暖房器具を使用することもできます。その際には、犬がヒーターから離れることができる位置に置くようにしてください。どこにいてもヒーターからの熱が当たるようだと、暑くなり過ぎてしまい、危険な場合もあります。 散歩で出掛ける時、寒い屋外に出ると、犬も大きな温度差にさらされることになってしまいます。セーターやコートなど、さまざまな素材から出来た犬用の防寒服がありますので、着せてあげるといいでしょう。ただし散歩から帰ったら、忘れずに脱がせてあげるようにしましょう。