飼いやすい!マルチーズの魅力とは?

1.マルチーズについての説明

 

マルチーズの歴史について

地中海のマルタ島で生まれた犬種であるため、「マルタ島の」という意味の英語が名称になっています。実際の発音では、「マルティーズ」に近いです。

この犬種はとても古くからある犬種で、3000年以上の歴史を有し、「犬の貴族」と呼ばれていました。そしてマルチーズは、昔から愛玩犬としてのみ飼育されていたのです。猟犬などを小型化したものではない、珍しい犬種となっています。また、ギリシャ人はマルチーズのためにお墓を建てていたり、ローマ人はマルチーズのために詩を詠み、肖像を残したりもしています。そしてエジプトでは、歴代の王家でマルチーズが飼われており、金の器を用意して食事をさせていたとの記録も残っています。

それだけではなく、15世紀のフランスや19世紀の他のヨーロッパ諸国でマルチーズがとても人気になり、破格な価格で取引されていたほどにとても人気がありました。また、20世紀ではマリリン・モンローやエルビス・プレスリーもマルチーズを飼っていました。こういった歴史を見ると、とても昔からマルチーズは人々に愛されてきたことが分かります。


マルチーズの特徴

体重は、オス・メスともに25kgほどです。毛並みは少し毛玉になりやすくはありますが、アンダーコートがないために抜け毛がありません。そのため、アレルギーを持っている人でも飼いやすくなっています。また、被毛は鼻先や、垂れている耳からしっぽの先まで床にまで届くほどのまっすぐな長毛です。しっぽにも、流れるような飾り毛があります。

また、毛が長いため、カットによって色々とアレンジが可能です。トリミングが楽しめるのも特徴の1つといえます。そして目は、縁が黒く、暗色です。適度に引き締まった体をしていて、平均寿命は、12歳から14歳となっています。

マルチーズの性格

利口なため、しつけがしやすい犬種です。そして、頭が良いため物覚えも早いです。飼い主が言うことに対して、理解をしようとしてくれます。また、落ち着きもあり温厚な性格ですが、活発で遊びが好きな面もあり、とても従順です。

甘えん坊な性格であるため、いつも飼い主や家族のそばにいようとします。しかし大胆な面もあり、自分よりも大きな相手であっても向かっていくような勇気もあります。

2.では、マルチーズの飼いやすさとは?


主に3つあります。

1つ目は、しつけがしやすい事です。

基本的にかしこいため、覚えるまで早いです。しつけのコツとしては穏やかな口調で教え、上手く出来たら褒め、抱っこをしてあげます。このように褒められることにより、マルチーズは学習をしていくのです。そして、マルチーズは小型犬によくみられるような騒がしさがありません。そのため室内飼いにも適しているのです。また、あまり吠えることもないため、マンションでも飼いやすい犬種となっています。 

2つ目は、運動量が少ない事です。

犬は、心や体のためにも適度に散歩させることが必要となります。この適度な時間とは、マルチーズの場合は1日に20から30分程度になります。しかし、厚さや寒さに弱い犬種であり、デリケートです。短い散歩時間で充分ですが、そのかわりボールを使うなど室内でも遊ぶようにします。また、かしこいため、頭を使うような遊びをするのも得意です。

3つ目は、愛嬌がとてもあるという事です。

抱っこをされるのが好きで、昔からアニマルセラピーとして癒しを与えていました。また、なついた人にはとことん甘えます。そして、スキンシップも大好きです。人懐っこいだけでなく従順なため、マルチーズは昔から「抱き犬」として親しまれてきたのです。