マルチーズの寒さ対策―暖房器具、どんなことに気を付けて使えばよい?

1.寒さに弱いマルチーズ

犬は寒さに強い?

犬は比較的寒さに強い動物であると言われています。事実、小型犬の体温は38.6~39.2℃ほどで、大型犬の体温は37.5~38.6℃ほどあり、人間よりも体温が高いことから、寒さへの耐性があると言えます。しかしこれはあくまで一般論であり、愛犬たちの犬種や年齢によって体温は変わってきます。そのため、愛犬たちに合わせた寒さ対策が必要になってきます。

犬種による違い

比較的寒さに強い犬種は、ダブルコートと呼ばれる毛の構造を持った犬種です。毛が長く、毛の層が上毛と下毛の二層になっています。具体的には、大型犬や北国原産の犬にその傾向が見られます。このダブルコートとは対照的なのが、シングルコートと呼ばれる毛の構造を持った犬種です。毛が短く、毛の層が上下に分かれていません。小型犬や南国原産の犬にその傾向が見られます。 ではマルチーズはというと、小型犬であり、シングルコートであることから、寒さに弱いということが分かります。したがって、寒さが本格化する前にしっかりと対策をしてあげる必要があります。

2.いつ暖房を使えばよい?―寒さを感じているサイン―

体が震えている

チワワなどの小型犬が、体をぶるぶると震わせている様子を目にしたことはないでしょうか。人間でも、冬の寒い時やプールから上がった際に体が震えることがありますが、同じ現象が、犬たちの体にもおきているのです。これは全身が冷え切ってしまわない様、筋肉を小刻みに動かすことで、体内に熱を発生させ、体温を保っているのです。

動きがいつもよりも鈍い・動かない

犬たちも人間と同様、冬場は動きが鈍くなってしまいます。しかし、極端に動きが鈍くなったり、丸くなったままでいたりするのは、犬たちの体温が下がり過ぎているサインであり、健康上、あまりよくない状態にあると言えます。 その他、「散歩に行きたがらない」「いつもより人間のそばにいようとする」、「水をあまり飲まなくなっている」などの症状が見られたら、寒さを感じている可能性が高いです。

3.暖房を使うときに気を付けることは?

エアコンを使うとき

暖房用エアコンを使用することで、私たちも犬たちも快適に過ごせます。しかし、エアコンなどの温風を出して部屋を暖めるタイプの暖房器具を使う場合には、私たち人間と愛犬たちの体感温度の差を考慮する必要があります。暖かい空気は上に溜まっていく傾向があるので、犬たちが過ごす床に近い部分は、温度が低い状態になってしまっていることがあります。そのため、エアコンを使う際には、部屋全体の空気をかき回すことで、温度を均一にしてあげることが大切です。

ペットヒーターやホットカーペットを使うとき

近年、ペット専用の小型でコードカバーのついた、シート型のヒーターやホットカーペットが人気を集めているようです。こうした暖房器具を使用する際に注意すべきことが二つあります。一つ目は、愛犬たちが暖房器具に直接触れてしまわないようにすることです。二つ目は、愛犬たちが「暑すぎる」と感じた時に、避難することができる空間を用意しておくことです。

低温やけどの危険性

しばしばニュースなどで、乳幼児や高齢者の低温やけどが取り上げられていますが、犬たちにも、その危険性がります。低温やけどとは、少し触れただけではやけどにならないような低い温度に、長時間触れ続けたために生じるやけどのことで、人間の場合、44度のものに6時間触れ続けると、発症してしまうとされています。 犬たちでも、高齢になり温度変化に鈍感になっていたり、熟睡してしまうとなかなか起きにくくなってしまっていたりする場合には要注意です。ペットヒーターや湯たんぽ、電気あんか、使い捨てカイロなどを使用する際には、十分に気を付けていく必要があります。