もしかしてうちの子も?チェックしてみよう!マルチーズのヘルニアについて

椎間板ヘルニアとはどういう病気?

そもそも椎間板とは?

「椎間板」は、背骨(脊椎ともいいます)を構成している椎骨の腹側下部にある「椎体」の間に存在する円盤状の軟骨です。ゼリー状で軟らかい「髄核」を「繊維輪」が外側を囲んでいる構造になっており、脊椎への力を軽減するクッションのような役割をしています。

椎間板ヘルニアって?

背骨関節の間にあるクッションの役割をしている椎間板(軟骨)が突出してしまい、その周囲にある背骨(脊椎)や周辺の神経を圧迫してしまうことで痛みを生じさせてしまう病気(脊髄疾患の一種)が椎間板ヘルニアです。 重症になると、損傷してしまうことによって麻痺が起こることもあります。 犬のヘルニアは犬種や年齢によって2種類存在しています。 マルチーズに多いのは「ハンセン2種椎間板ヘルニア」で、慢性的に進行・悪化していく病気です。 成犬から老犬にかけて発症しやすいのが特徴的で、マルチーズ以外ではゴールデンレトリバーやヨークシャーテリア、シベリアンハスキーに多く発症が見られます。

どんな症状が出るの?

軽度であれば痛みだけの症状であり、まずは椎間板ヘルニアよりも先にその他の関節疾患から疑いましょう。 肘や膝、股関節の脱臼や形成不全、関節炎の可能性もあります。 重症の場合は脚の麻痺を発症している可能性があり、脊髄や脳など中核神経に障害が起きている可能性が高いです。 眼球振盪を発症している場合は脳疾患の可能性が高まります。 診断方法としては、全身麻酔下での精密検査(画像検査)による診断になります。

見分ける方法は?

こんな症状を見つけたら注意!

動物の場合、ある日急に… 「歩かなくなった」「後ろ足が立たなくなった」「触れると痛がるようになった」などの症状が見られるようになったら注意しましょう。 また、初期症状としては「段差を嫌がるようになった」「散歩の途中で帰りたがるようになった」「ソファやベットに飛び乗ったりしなくなり、動きに元気がなくなった。」などが見られます。

予防方法を知ろう!

予防するには?

予防方法として主に注意すべき点は、抱き方・体重管理や動きをよく見ること、足裏のお手入れ・ケアなどが挙げられます。 肥満防止はもちろんのこと、激しい運動を控えることも予防方法として有効になります。

これってヘルニアかも?怪しい症状を見つけたら…。

まずは病院へ。軽度の症状なら内科的治療が必要になり、重症なら外科的治療が必要になります。