マルチーズのリンパ腫:その治療法や予防法について

リンパ腫とは

悪性リンパ腫(リンパ肉腫)は、犬の体の免疫を担うリンパ球が癌化してしまう病気で、造血器系の癌の一種です。 症状としては、しこり、食欲低下、下痢などいろいろとあります。しかし、これらを放っておけばいずれ死につながかもしれない病気です。もし元気がなかったり、何かおかしいなあと感じたら、飼い主さんはすぐに動物病院で見てもらった方が良いでしょう。 体の中のリンパ球が腫瘍(癌)になってしまったものが、いわゆるリンパ腫です。6~8歳くらいの犬に多く発症します。これらの症状が進行するにつれて、元気がなくなり、運動不耐性(運動をしたがらない状態)、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状が見られるようになります。そして末期症状では体が痩せ細ってしまい、免疫力も低下し、肺炎や膀胱炎などいろいろな感染症にかかりやすくなってしまいます。 このリンパ腫の恐ろしいところは、いろいろな部位に癌細胞が大きく広がってしまうことです。リンパ系を通って、内臓や皮膚にも簡単に進行してしまうので、結果的に癌細胞を広げてしまうからです。リンパ球はもともと全身に分布されていて、リンパ腫も全身のいたるところに発生します。発生した部位によって起こる症状は異なり、また、治療への反応やその経過が異なることが分かっています。悪性リンパ腫が発症する原因は、残念ながらまだ解明されていません。犬に最も多いのが「多中心型リンパ腫」で、リンパ腫の大半を占めています。

治療方法

この病気は発症の原因が不明です。 一般的な治療として、悪性リンパ腫の治療は診断の確定後、主に抗がん剤の投与などによる化学療法を行います。リンパ肉腫は全身疾患とみなされ、体のいたる部分に影響する可能性が高いので、手術することは効果がなく、非現実的であるとされています。 腫瘍になっている部位を取れば治るだろうといった簡単なものではなく、薬の投与などで確実に癌細胞を除去していかなくてはなりません。尚、リンパ腫の種類、その進行程度、化学療法への反応などによって、その予後は様々です。 これは原因が不明確な病気なので、予防は非常に難しいですが、子犬の時期からマルチーズの顎や脇の下をこまめに触ってみて、しこりがないかどうか注意深くチェックして下さい。リンパ腫の進行は早いため、2か月も放っておけば、あっという間にマルチーズも衰弱する恐れがあります。早期発見を心掛けることがこの病気には大切なことなのです。